コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南三陸金華山国定公園 みなみさんりくきんかざんこくていこうえん

6件 の用語解説(南三陸金華山国定公園の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南三陸金華山国定公園
みなみさんりくきんかざんこくていこうえん

宮城県気仙沼湾から南の金華山にいたる海岸を中心とする国定公園。面積 139.02km2。1979年指定。いわゆる三陸海岸の一部であるが,北方の三陸復興国立公園に比べ,沈降性の複雑なリアス海岸

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みなみさんりくきんかさん‐こくていこうえん〔みなみサンリクキンクワサンコクテイコウヱン〕【南三陸金華山国定公園】

宮城県にあった国定公園。北東部のリアス式海岸を中心に、歌津館崎(うたつだてざき)・牡鹿(おしか)半島金華山などが含まれた。昭和54年(1979)指定、平成27年(2015)三陸復興国立公園に編入。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

南三陸金華山国定公園【みなみさんりくきんかざんこくていこうえん】

宮城県北東部,三陸海岸南部と金華山牡鹿(おしか)半島を含む国定公園。1979年指定。139.02km2。南三陸と牡鹿半島はリアス海岸金華山は全山クロマツにおおわれ,シカ,サルが生息。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

みなみさんりくきんかざんこくていこうえん【南三陸金華山国定公園】

宮城県北東部にある太平洋沿岸一帯の国定公園。岩手県境に近い本吉もとよし町から牡鹿おしか半島までの屈曲に富む海岸と金華山などの島々を中心とする。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮城県〕南三陸金華山国定公園(みなみさんりくきんかざんこくていこうえん)


宮城県北東部の国定公園。三陸海岸南部から牡鹿(おしか)半島に至る沿岸と金華山など周辺の島嶼(とうしょ)群を含む。面積1万3902ha。1979年(昭和54)指定。リアス式の複雑な海岸線が特徴。金華山はクロマツ・モミなどの原生林におおわれ、野生のニホンジカやニホンザルが生息。江ノ島のウミネコ・ウトウの繁殖地、椿(つばき)島・八景(やけい)島の暖地性植物群落などが国の天然記念物に指定されている。牡鹿半島は観光道路も通じ、島々が眺望できる。2011年(平成23)3月の東北地方太平洋沖地震による津波では大被害を受けた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南三陸金華山国定公園
みなみさんりくきんかざんこくていこうえん

宮城県北東部の太平洋沿岸を中心としていた国定公園。1979年(昭和54)の指定。面積139.02平方キロメートル。北は気仙沼(けせんぬま)市から南は牡鹿(おしか)半島まで南北約60キロメートルに及んだ。2015年(平成27)に三陸復興国立公園に編入。古期岩類がリアス式海岸特有の海食崖(がい)や、本吉(もとよし)湾、志津川(しづがわ)湾、追波(おっぱ)湾、雄勝(おがつ)湾、女川(おながわ)湾などの湾入、歌津(うたつ)崎、大須崎の岬など屈曲に富む海岸地形をつくっている。南部は牡鹿半島、その属島の金華山、網地(あじ)島、田代(たしろ)島のほか、出(いず)島、江島(えのしま)、足(あし)島、笠貝(かさかい)島、二股(ふたまた)島などの島嶼(とうしょ)群からなる。
 見どころとしては、神割崎(かみわりざき)(南三陸町)や金華山の千畳敷の奇勝、国の天然記念物に指定されている歌津館崎(たてざき)の魚竜化石産地、椿(つばき)島および八景(やけい)島の暖地性植物群落、陸前江ノ島のウミネコおよびウトウ繁殖地などがある。また藤原秀衡(ひでひら)が建立した寺があったとされ、眺望のよい田束(たつがね)山、支倉常長(はせくらつねなが)ゆかりの月ノ浦(つきのうら)や呉壺(くれつぼ)などがある。沿岸では磯物(いそもの)漁業や水産養殖が盛ん。交通は、東日本旅客鉄道の気仙沼線、石巻(いしのまき)線によって部分的に連絡し、牡鹿コバルトラインなどの観光道路も整備されている。[長谷川典夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南三陸金華山国定公園の関連キーワード下北半島国定公園田代島南西諸島日南海岸国定公園室戸阿南海岸国定公園気仙沼北上[町]宮城県気仙沼市宮城県本吉郡南三陸町三陸海岸南部地域

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

南三陸金華山国定公園の関連情報