コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

双面 ふたおもて

7件 の用語解説(双面の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

双面
ふたおもて

浄瑠璃,歌舞伎狂言の一類型。2つの人格が合体した亡霊,あるいは同じ姿をした人物が同時に舞台に出現する趣向。能の『二人静』などの影響を受け,歌舞伎狂言で種々の形で取上げられ,安永4 (1775) 年の『垣衣恋写絵 (しのぶぐさこいのうつしえ) 』で一典型が形成された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふた‐おもて【双面】

浄瑠璃歌舞伎舞踊趣向の一。二人の人物が全く同じ姿形で現れて周囲を惑わし、最後に一方が亡霊や変化(へんげ)の正体を現すもの。

ふたおもて【双面】[歌舞伎舞踊]

歌舞伎舞踊。常磐津(ときわず)。本名題「両顔月姿絵(ふたおもてつきのすがたえ)」。別名題「双面水照月(ふたおもてみずにてるつき)」。木村円夫作詞、岸沢九蔵作曲。寛政10年(1798)江戸森田座初演。俗称「法界坊」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

双面【ふたおもて】

法界坊

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ふたおもて【双面】

歌舞伎舞踊。常磐津節。通称《売(しのぶうり)》。本名題《両顔月姿絵(ふたおもてつきのすがたえ)》。現代では《双面水照月(ふたおもてみずにてるつき)》の名題で上演することが多い。1775年(安永4)1月江戸中村座上演《色模様青柳曾我》の二番目大切《垣衣恋写絵(しのぶぐさこいのうつしえ)》が原曲で,初世中村仲蔵が主役の大日坊を踊った。このとき同座した4世市川団蔵が1784年(天明4)5月大坂藤川菊松座(角の芝居)で《隅田川続俤(すみだがわごにちのおもかげ)》の法界坊に主役を変えて上演。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふたおもて【双面】

浄瑠璃・歌舞伎舞踊の趣向。全く同じ姿形の二人の人物が現れ周囲を惑わすが、のち一方が変化の正体を現すというもの。「隅田川続俤ごにちのおもかげ」(通称、法界坊)の終幕の所作事が有名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

双面
ふたおもて

歌舞伎(かぶき)演出の一技法。亡霊が、恨む相手の恋人とまったく同じ扮装(ふんそう)で現れて周囲を惑わし、最後に正体を現す形式をいう。謡曲『二人静(ふたりしずか)』、近松門左衛門の浄瑠璃(じょうるり)『赤染衛門栄花(あかぞめえもんえいが)物語』以来、多くの戯曲に扱われたが、とくに舞踊では江戸中期以降「双面物」とよばれる一系列を生んだ。その代表作は、『隅田川続俤(ごにちのおもかげ)』(法界坊)の大切(おおぎり)舞踊劇としてつくられた常磐津(ときわず)『両面月姿絵(ふたおもてつきのすがたえ)』(1798)で、殺された法界坊と野分(のわけ)姫の二つの霊が合体し、それぞれ恋するおくみ・松若に執念を表すもの。現在では『双面水照月(みずにてるつき)』の名題(なだい)で上演され、普通、「双面」といえばこれをさすほどで、常磐津舞踊の名作に数えられている。ほかに『隅田川花御所染(はなのごしょぞめ)』(女清玄(おんなせいげん)、1814)の大切『都鳥名所渡(みやこどりめいしょのわたし)』(二人松若)、『金幣猿島郡(きんのざいさるしまだいり)』(1829)の大切『道成寺思恋曲者(こいはくせもの)』(双面道成寺)なども同様の趣向である。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の双面の言及

【隅田川続俤】より

…またこの人気を支えている要素の一つに,大切浄瑠璃所作事《垣衣恋写絵(しのぶぐさこいのうつしえ)》がある。これは《双面》《売》《法界坊》とも通称される舞踊劇で,主人公法界坊に清玄の性格も加わり変化に富み,狂言と離れて舞踊会でも頻繁に上演されている。隅田川物【目代 清】。…

※「双面」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

双面の関連キーワード山姥物お三輪釣女薄雪歌舞伎狂言忍夜恋曲者常磐津常磐津一巴太夫常磐津千東勢太夫常磐津文字兵衛(5代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

双面の関連情報