コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

随身庭騎絵巻 ずいしんていきえまき

5件 の用語解説(随身庭騎絵巻の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

随身庭騎絵巻
ずいしんていきえまき

院を警護する9人の随身の姿を描いた似絵の絵巻。鎌倉時代,13世紀中頃の作。紙本白描,1巻。大倉文化財団蔵。暢達な線で人物や馬の動態をいきいきと表現,作者は似絵の名手藤原信実と推定される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ずいじんていきえまき〔ズイジンテイキヱまき〕【随身庭騎絵巻】

鎌倉時代の絵巻。1巻。平安末期および鎌倉中期の随身の騎馬または徒歩の姿を描いたもの。彩色をほとんど施さない白描画形式で似絵(にせえ)の手法を用いている。一部は藤原信実手になるとされる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

随身庭騎絵巻【ずいじんていきえまき】

9人の随身たちの騎馬姿を描いた鎌倉時代の絵巻。1巻。鋭く軽快な線でスケッチ風に描き,表情は個性的。〈宝治元年十月院御随身〉の書込みがあり,各人の姓名も記されており,記録的性格がある。
→関連項目似絵白描

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ずいじんていきえまき【随身庭騎絵巻】

絵巻。一巻。鎌倉時代の作。随身の騎馬または徒歩の姿を描いたもの。彩色はわずかでほとんど白描はくびよう。細線をいくえにも重ねた似絵にせえの手法が用いられている。その一部は藤原信実の手に成ると思われる。国宝。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

随身庭騎絵巻
ずいしんていきえまき

鎌倉時代の絵巻。1巻。国宝。東京・大倉文化財団蔵。平安末期の仁平(にんぺい)~永暦(えいりゃく)(1151~61)ごろの随身3人(秦兼清(はたのかねきよ)、兼任(かねとう)、中臣末近(なかとみのすえちか))と、宝治(ほうじ)元年(1247)当時の6人(秦久則(ひさのり)、兼利(かねとし)、兼躬(かねみ)、頼方(よりかた)、久頼(ひさより)、弘方(ひろかた))の像を描き収める。騎馬または徒歩の姿で描かれ、前三者は烏帽子(えぼし)、水干(すいかん)姿、後六者は冠、褐衣(かちえ)、狩袴(かりばかま)姿につくられる。絵はいずれも細い墨の線を主体にし、一部に朱を施す程度の白描画(はくびょうが)の形式になる。人物の顔は精緻(せいち)な筆線を引き重ねて各人の特徴を描き分けている。後の6像の前に「宝治元年十月院御随身」の墨書があるように、6人はこの年の随身を記録したもので、絵巻の制作も同じころと考えられる。初めの3像は既存の画によったものとされ、これらは当時の似絵(にせえ)(肖像画)の名手、藤原信実(のぶざね)の筆に擬する説が強い。平安末、鎌倉時代の風俗資料として貴重であり、また似絵の優れた作例として価値が高い。[村重 寧]
『小松茂美編『続日本絵巻大成18 随身庭騎絵巻他』(1983・中央公論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

随身庭騎絵巻の関連キーワード絵巻絵巻物縁起絵巻十二因縁絵巻野馬追絵巻合戦絵巻説話絵巻戦記絵巻日記絵巻白描絵巻

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone