コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

際物師 きわものし

4件 の用語解説(際物師の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

際物師
きわものし

一時限りの品物を扱う商人。正月の凧 (たこ) ,削掛 (けずりかけ) ,初夢宝船図,3月の雛人形とその付属品,5月の武者人形とその付属品,7月の乞巧奠 (きこうでん) および魂祭用の品物,12月末の注連縄 (しめなわ) ,飾松などを商う者をいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きわもの‐し〔きはもの‐〕【際物師】

際物を作ったり、売ったりする人。
一時の流行・人気をあてこんで仕事をする人。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きわものし【際物師】

際物を販売する商人。際物は節物(せつもつ)のことで時節時節のものをいう。日限があり,その時に売らなければ廃物となってしまい,あるいは来年のその時を待たなければ買手がないという品物である。たとえば,正月2日の宝船図,7日のナズナ,15日の削掛け,3月の雛物,5月の端午物,7月の七夕や盂蘭盆(うらぼん)の品々,8月の十五夜と9月の十三夜のススキ,10月の法華信徒のための着せ綿と造り花,11月の酉の市の熊手,入船,頭(かしら)の芋,12月下旬からの正月用品といったもので,際物師はこうした節物を季節的につぎつぎに売っていった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きわものし【際物師】

際物を作ったり売ったりする人。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の際物師の言及

【物売】より

…一方,乾見世は〈天道ぼし〉ともいい,これには,唐辛子売,枇杷葉湯(びわようとう)売,スイカの切売,火打鎌売,古着・古道具売などがあった。 このほか,物売には季節ごとに入用な物を売る際物師(きわものし)と,香具師(やし)があった。際物師には正月の祝物,2日のお宝(宝船)売,7日のナズナ売,15日の削掛け売,三月節供の雛祭の諸物売,七夕の竹や短冊売,盆のおがら売,12月のしめ縄売,飾松売などがあった。…

※「際物師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

際物師の関連キーワード際物口上商人米屋節物別売売仲買店商人ツモフォード効果国際物品売買契約に関する国連条約

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone