コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集材 シュウザイ

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐ざい〔シフ‐〕【集材】

[名](スル)伐採した木材一定の場所に集めること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうざい【集材 yarding】

伐採地に散在している伐倒木あるいは造材丸太を伐倒現場近くの土場(どば)に集積して,次工程の運材をやりやすくするために行う作業。運材は主として林道によって行われるが,集材は林道外で行われる場合が多く,集材距離は運材距離に比して短い。集材の方法は人力による方法,集材機による方法,トラクターによる方法などがある。人力による方法は山腹傾斜を利用して,とびなどにより一定の場所に木材を集めるもので,集材距離も50m程度である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅうざい【集材】

( 名 ) スル
伐採した木材を運搬などに便利な地点まで集めること。 「架線-」 「車両-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

集材の関連キーワード素材生産サービス事業体大井川(静岡県の川)修羅(器具、装置)高性能林業機械アミドキシム基木馬(きうま)チンドウィン川スイングヤーダ素材生産事業体タワーヤーダたんぽぽ計画木登り用器具先山・前山林業用機械フォワーダスキッダ集運材法素材生産林業機械木こり

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

集材の関連情報