コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雇用調整 こようちょうせい employment adjustment

6件 の用語解説(雇用調整の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雇用調整
こようちょうせい
employment adjustment

生産需要の増減に合せて企業が雇用労働者数を増減する調整をいう。一般には雇用量を減らす場合に用いられ,解雇,一時帰休配置転換,出向,臨時工の契約更新打切り,新規卒業者採用の抑制などの方法をとる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

雇用調整

主として不況期に企業内に発生した過剰雇用を、様々な方法で調整すること。その方法は国や産業によって異なる。日本では、残業規制、配置転換、出向・転籍、新規採用や中途採用の削減あるいは中止、退職者不補充(自然減耗)、パートタイム労働者や臨時・季節労働者などの再契約停止・解雇、一時帰休、希望退職者募集、解雇などの手段が、状況に応じて採用されている。景気変動などで事業活動の縮小を余儀なくされ、従業員を休業、教育訓練、出向などをさせる事業主に対し、賃金などの負担の一部を国が助成する雇用調整助成金も準備されている。

(桑原靖夫 獨協大学名誉教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

雇用調整【こようちょうせい】

主に不況期に企業内において発生した過剰雇用を調整すること。労働時間短縮人員削減の方法があるが,前者の方が日本では一般的である。実施の多かった順に列挙すれば,残業時間規制,ワークシェアリング,短期雇用契約者の再契約停止や解雇,新規採用の削減や中止,希望退職者の募集,配置転換出向,一時帰休(レイオフ)などである。
→関連項目企業内失業日本

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こようちょうせい【雇用調整】

経済界の不況や企業の業績の悪化によって滞貨ができ,商品の価格が下落すると,生産機械の一部操業中止またはスピードダウンを行って生産を抑えるいわゆる操業短縮(操短)が,個々の企業であるいは業界の申合せで行われる。また収支状況の悪化に対処するため,経費の削減を図る必要に迫られる雇用調整とは,通常,このような場合の労働需要の減少に対して,企業内労働力の供給量を減少させる諸措置をいう。一般に,労働力の供給量に直接関係しない賃金抑制措置なども含めていわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こようちょうせい【雇用調整】

企業が景気の変動や事業活動の増減によって生ずる労働力需要の変化に対処すること。特に、残業規制・採用削減・出向・一時帰休・希望退職・解雇など、労働力の削減をいう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雇用調整
こようちょうせい

景気変動や産業構造の変化などに伴って、事業活動の縮小を迫られた企業や団体が労働力を削減すること。人員削減などのいわゆる「人減らし」のほか、労働時間の短縮や、過剰となった労働力を成長分野に対応できるように技能やスキルを身につけさせる教育訓練を施すことも含まれる。人員削減では、具体的には、指名解雇、希望退職者の募集、臨時・季節・パートタイム労働者の契約打ち切り、配置転換、出向、新規・中途採用の抑制・中止、退職・欠員者の不補充などの手法がとられる。労働時間の短縮には、残業の規制、一時休業(一時帰休)、自宅待機非正規労働者勤務時間短縮、夏季・年末年始などの休業日の延長・増加、操業停止日の設定などの手法がある。アメリカの雇用調整は人員削減を主とするが、日本ではおもに労働時間の短縮が行われる傾向にある。また日本では正規労働者に先んじて、非正規労働者から雇用調整がなされるケースが多く、中小企業の雇用調整は大企業に比べて早期に実施される傾向が強い。
 労働者一人当りの業務を減らして複数の人員で仕事を分かち合うワークシェアリングや、裁量労働制、フレックスタイム制といった変形労働時間制度の導入も雇用調整の一手段である。広義には、非正規労働者の活用や業務の外部委託などによる労働コストの圧縮も雇用調整とみなすことができる。
 なお、雇用保険に加入している事業所が、一時的に雇用調整を実施するものの、雇用保険の被保険者である従業員の雇用を維持する場合には、事業所に対し雇用調整助成金が支給される。雇用調整助成金は、一時休業、従業員の出向、教育訓練などを行う場合、国がその従業員の賃金や休業手当の一部などを助成する制度である。[矢野 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雇用調整の関連キーワード企業内教育未来原価粘膜内癌不況雇用喪失うどんこ病(ライグラス)企業内教育・訓練企業内労働市場不況期過剰歯 (supernumerary tooth, polyo dentia)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

雇用調整の関連情報