コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

離山 リザン

2件 の用語解説(離山の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

り‐ざん【離山】

[名](スル)《「りさん」とも》
鉱山から去ること。「炭鉱の閉鎖により離山する」
僧・尼が寺から去ること。
「―しける僧の坊の柱に」〈平家・二〉
他と離れてそびえる山。孤峰。
「一の―あり、峰高うして谷深し」〈盛衰記・九〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の離山の言及

【浅間山】より

…東麓には育成牛放牧場の浅間牧場,南麓には草地試験場の牧草地も広がる。 なお,旧軽井沢近くの離山(1256m)は浅間火山より古い溶岩円頂丘,山腹の小浅間山(1655m),石尊山(1668m)は寄生火山だが,いずれもなだらかな斜面上に変化をみせる小突起である。【式 正英】
[浅間焼け]
 浅間山の噴火をいう。…

※「離山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

離山の関連情報