コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

離山 リザン

デジタル大辞泉の解説

り‐ざん【離山】

[名](スル)《「りさん」とも》
鉱山から去ること。「炭鉱の閉鎖により離山する」
僧・尼が寺から去ること。
「―しける僧の坊の柱に」〈平家・二〉
他と離れてそびえる山。孤峰。
「一の―あり、峰高うして谷深し」〈盛衰記・九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りざん【離山】

( 名 ) スル
ただ一つ離れた山。孤山。孤峰。
僧が寺を出ること。 「 -しける僧の/平家 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の離山の言及

【浅間山】より

…東麓には育成牛放牧場の浅間牧場,南麓には草地試験場の牧草地も広がる。 なお,旧軽井沢近くの離山(1256m)は浅間火山より古い溶岩円頂丘,山腹の小浅間山(1655m),石尊山(1668m)は寄生火山だが,いずれもなだらかな斜面上に変化をみせる小突起である。【式 正英】
[浅間焼け]
 浅間山の噴火をいう。…

※「離山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

離山の関連キーワードソンニサン慶尚北道忠清北道小白山脈竈門神社日蓮宗俗離山法住寺強訴錦江顕昭寿長日向孤峰

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

離山の関連情報