離山(読み)りざん

精選版 日本国語大辞典「離山」の解説

り‐ざん【離山】

〘名〙 (「りさん」とも)
① 他と離れてそびえたっている山。孤立した山。
※源平盛衰記(14C前)九「此の御棲(すみか)より五十余町を去て一の離山(リサン)あり、峰高うして谷深し」
② (━する) 僧尼が寺を去ること。離寺
※康頼宝物集(1179頃)中「天台山五台山は門人悉離山す」
③ (━する) 鉱山から去ること。「炭鉱閉鎖により離山する」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「離山」の解説

り‐ざん【離山】

[名](スル)《「りさん」とも》
鉱山から去ること。「炭鉱の閉鎖により離山する」
が寺から去ること。
「―しける僧のの柱に」〈平家・二〉
他と離れてそびえる山。孤峰
「一の―あり、峰高うして谷深し」〈盛衰記・九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の離山の言及

【浅間山】より

…東麓には育成牛放牧場の浅間牧場,南麓には草地試験場の牧草地も広がる。 なお,旧軽井沢近くの離山(1256m)は浅間火山より古い溶岩円頂丘,山腹の小浅間山(1655m),石尊山(1668m)は寄生火山だが,いずれもなだらかな斜面上に変化をみせる小突起である。【式 正英】
[浅間焼け]
 浅間山の噴火をいう。…

※「離山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android