コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雪村周継 せっそん しゅうけい

5件 の用語解説(雪村周継の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

雪村周継

室町後期・安土桃山時代の画僧。常陸生。周継は諱、別号に如圭・鶴船老人等。田村平蔵と称する。佐竹氏の一族で武家を継がず禅僧となる。周文・雪舟の画風を慕い、のち独自の特色を発揮して一家を成す。最も山水に長じ、花鳥・人物も能くした。生歿年不詳。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

雪村周継 せっそん-しゅうけい

1504-? 戦国-織豊時代の画僧。
永正(えいしょう)元年生まれ。雪舟等楊(とうよう)に私淑し,独自の水墨画をのこした。関東,東北を遍歴,晩年は陸奥(むつ)三春(みはる)(福島県)に隠棲(いんせい)。天正(てんしょう)17年(1589),86歳のころなお活躍。常陸(ひたち)(茨城県)出身。別号に鶴船,舟居斎など。作品に「風濤図」「松鷹図」「呂洞賓(りょ-どうひん)図」など,著作に「説門弟資」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

雪村周継

生年:生没年不詳
室町末期から桃山初期の禅僧,画家。鶴船,中居斎,舟居斎 の別号がある。永正1(1504)年ごろの生まれで,1580年代に没したとする説が広く支持されているが,10年ほど生年が遡るとする説が近年提示されている。常陸太田(茨城県)の武家佐竹氏の嫡子に生まれたが,出家して禅僧となった。太田にある佐竹氏の菩提寺正宗寺には雪村の初期の作品が伝わる。会津(福島県)の蘆名盛氏と交渉を持ち,のちに小田原,鎌倉を遍歴して,北条氏康・氏政,早雲寺開山以天宗清,円覚寺住持の景初周随らの知遇を得た。生涯上洛することのなかった雪村にとって,小田原・鎌倉遍歴時代は中国絵画や室町の先人の作品に接し得た重要な期間であった。晩年は奥州田村(福島県)の三春の地に隠棲し,八十余歳で没した。同地には現在,江戸時代に雪村を偲んで建てられた雪村庵がある。雪舟に私淑したと伝えるが,直接の師弟関係はない。 雪村の現存作品は同時代の画家に比べて異例に多く,100点を超え,山水,人物,花鳥,走獣とあらゆる領域にわたる。しかし制作年代が判明するものは晩年の数点のみであって,その他の作品の編年は,十数種類におよぶ印章の分類と様式分析によっている。「夏冬山水図」(京都国立博物館蔵)に代表される最初期の作品は雪舟の影響が濃厚で,その後の「風濤図」(野村美術館蔵),「楊柳水閣図」(個人蔵)などでは繊細さとダイナミックな表現とが同調した独特の画境を示す。壮年期の代表作「呂洞賓図」「花鳥図屏風」(大和文華館蔵)では動勢表現がより強調され,この傾向は晩年により強まる。最晩年の作品には粗放なものが多いが,そのなかにあって「自画像」(大和文華館蔵)は,山間に隠棲する姿を枯淡な筆致で描いた特異な肖像画である。なお天文11(1542)年の年記のある「説門弟資云」は,雪村の画論として名高いが,偽書とする説も一部にある。<参考文献>茨城県立歴史館編『雪村―常陸からの出発』,講談社日本美術全集』13巻

(山下裕二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雪村周継
せっそんしゅうけい

[生]永正1(1504).常陸,太田
[没]天正17(1589)以後
室町時代の画僧。鶴船と号する。天文 11 (1542) 年頃には常陸国太田辺垂村に住み,雪舟の画法を学ぶ。天正1 (73) 年頃に磐城の田村に隠棲。三春に福集寺を創立したとされ,雪村庵はその遺跡といわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雪村周継
せっそんしゅうけい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雪村周継の関連キーワード南蛮鉄天川荒木流古代サラサ古備前南蛮宗伯庵備後物烏丸蒔絵寺預け

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

雪村周継の関連情報