コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

検流計 けんりゅうけいgalvanometer

翻訳|galvanometer

6件 の用語解説(検流計の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

検流計
けんりゅうけい
galvanometer

ガルバノメータともいう。微小な電流,電位をはかる計器。ホイートストン・ブリッジや直流電位差計に接続して微小な不平衡電圧の検出を行う。直流検流計は可動コイル型計器電子式検流計があり,可動コイル型は電流計と同じ構造で指針の読取り方法により指針型と反照型がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

けんりゅう‐けい〔ケンリウ‐〕【検流計】

微小な電流電圧電気量を測定する計器。直流用と交流用がある。ガルバノメーター

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

検流計【けんりゅうけい】

ガルバノメーターとも。微弱な電流,電圧,電気量を検出・測定する装置。ふつうコイルを細い針金で磁場内につるし,電流が通ったときのコイルの回転角を鏡で光学的に測る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けんりゅうけい【検流計 galvanometer】

ガルバノメーターともいう。微小電流,電圧の検出に用いられる計器。ブリッジ電位差計などの零位法(差電圧の検出)を用いる場合に必要なもので,測定精度は検流計の感度に依存する。直流用には,その可動部分の構造により可動磁心形と可動コイル形があり,指示部分の構造により指針形と光てこを利用して感度を高めた反照形がある。交流用には,交流と可動部分の共振を利用した振動検流計,電荷測定には制動を減らして周期を長くした衝撃検流計がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

けんりゅうけい【検流計】

微小電流検出用の可動コイル型電流計。ガルバノメーター。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

検流計
けんりゅうけい

電気回路の微小電位差や微小電流の有無を検出する装置。ガルバノメーターgalvanometerといわれ、ガルバと略称することもある。単独で用いるもののほか、各種のブリッジに組み込まれて回路の平衡検出に使用されるものも多い。直流用と交流用とに分けられ、構造上から可動磁針型と可動コイル型とに大別される。ただし、可動磁針型は取扱いが不便なため、現在ほとんど使われない。可動コイル型は強い永久磁石の磁極間に、軽い反射鏡付きの可動コイルをつり下げてある。コイルに微小電流が流れると、駆動トルクが生じてコイルは回転する。回転につれてつり線がねじれ、生じた制御トルクと駆動トルクとが平衡した位置で静止し、この「振れ」を反射光で読んで電流の有無を検出する。普通このタイプを反照検流計という。反照検流計では10-10アンペア程度の電流も検出できて精密な実験に用いられるが、振動の除去や調整など、取扱いに十分な注意が必要である。これを簡便にしたのが箱型検流計と指針型検流計で、前者は10-8アンペア程度、後者は10-6アンペア程度の微小電流の検出ができる。また、交流用としては振動検流計があるが、取扱いがめんどうなため、現在はほとんど用いられない。[高尾利治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の検流計の言及

【ドプレ】より

…北部鉄道Chemin de Fer du Nordに入り,蒸気機関車用計器を開発した。電気にも興味をもち,1878年に検流計を考案,これは82年にダルソンバールJ.A.d’Arsonvalによって改良され,広く使われた。ドプレは,長距離送電について1881年のパリ電気博覧会で講演した。…

※「検流計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

検流計の関連情報