コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電気ロケット でんきロケットelectric rocket; electrical propulsion systems

4件 の用語解説(電気ロケットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電気ロケット
でんきロケット
electric rocket; electrical propulsion systems

電気的なエネルギーを動力とするロケットの総称。電源としては太陽電池原子力発電装置 (小型原子炉を使うものと放射性同位元素を利用するものとある) が使われる。イオンロケットや,プラズマロケットと呼ばれるものもこの様式に入るロケットである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

でんき‐ロケット【電気ロケット】

電気的なエネルギーを利用して推力を得るロケットの総称。イオンエンジンプラズマエンジンなど、何らかの方法でイオンプラズマなどの荷電粒子を生成し、強い電場によって加速して噴出することで推進する方式がある。いずれも推力そのものは小さいが化学ロケットに比べて比推力が高く、長時間の加速に向く。電気推進ロケット

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

電気ロケット【でんきロケット】

推力の発生に電磁気的なエネルギーを利用するロケットの総称。電気推進ロケットとも。推進材を電熱ヒーターアーク放電で加熱してノズルから噴射させる電熱ロケット,イオンやコロイド粒子を静電場で加速してノズルから噴射させる静電加速型ロケット,太陽電池の電力を利用して推進材をプラズマ状態にし,電磁場で加速してノズルから噴射させる電磁加速型ロケットがある。
→関連項目ロケット(工学)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

でんきロケット【電気ロケット】

推進エネルギーとして電磁気的なエネルギーを利用するロケットの総称。種類としては電熱ロケット,静電加速型ロケット,電磁加速型ロケットに大別される。 電熱ロケットには推進材を電熱ヒーターで加熱するレジストジェットと,推進材を直接アーク放電で加熱するアークジェット(いわゆるアークロケット)があるが,いずれも加熱後の気体はノズルから噴射される。加熱温度に限度があるので静電加速型,電磁加速型と異なり比推力型ロケットに分類される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone