コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電磁単位系 でんじたんいけいsystem of electromagnetic units

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電磁単位系
でんじたんいけい
system of electromagnetic units

電磁気の単位系の1種で,emuと略記する。2つの磁荷の間に働く力を表わすクーロンの法則を用いて,磁荷の単位を力学単位から組立て,これを通じてすべての電磁気量の単位が力学単位で組立てられている単位系。磁気量を扱うのに便利である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

電磁単位系【でんじたんいけい】

長さ,質量,時間のほかに,クーロンの法則によって定義される磁極の強さを基本単位とする単位系。electro-magnetic unitの頭文字をとってemuと略称。
→関連項目国際単位CGS単位系単位

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

でんじたんいけい【電磁単位系 electromagnetic system of units】

単位系の一種。記号emuで表す。磁気量mをもつ二つの点磁極が互いに距離rだけ隔たって存在するとき,両者に作用する力fは,比例定数をhとして,fhm2/r2で表されるが,いまhは無次元でその値は1に等しいと取り決めれば,mf1/2rとなるから,磁気量mの単位を(力の単位)1/2×(長さの単位)と定義することができ,それをもとにして他の電磁気的な量の単位をも定めることができる。このようにして定められる単位の集団を電磁単位系という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電磁単位系
でんじたんいけい

CGS単位系に、磁気に関するクーロンの法則を利用して定めた電磁気量の単位を加えた単位系。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

電磁単位系の関連キーワードエルステッドガウス単位系マクスウェル国際単位系比例定数テスラF1次元計測

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android