滝泉寺(読み)りゅうせんじ

百科事典マイペディア「滝泉寺」の解説

滝泉寺【りゅうせんじ】

通称目黒不動。東京都目黒下目黒にある天台宗の寺。開山円仁。江戸初期に生順が中興。本尊の不動明王は円仁作と伝え,江戸五色不動の一つ。もと日本武尊をまつっていたとも伝える。境内に独鈷(とっこ)の滝,青木昆陽由縁の甘藷(かんしょ)塚がある。
→関連項目目黒[区]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「滝泉寺」の解説

りゅうせん‐じ【滝泉寺】

東京都目黒区にある天台宗の寺。山号は泰叡山。大同三年(八〇八)の開創と伝えられる。開山は円仁。寛永元年(一六二四徳川家光が再興し生順を中興開山とする。本尊は円仁自刻の不動明王像で、江戸五色不動の一つ。目黒不動。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「滝泉寺」の解説

りゅうせん‐じ【滝泉寺】

東京都目黒区にある天台宗の寺。山号は、泰叡山。通称、目黒不動。開創は大同3年(808)、開山は円仁と伝える。寛永元年(1624)徳川家光諸堂を造営してのち隆盛。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の滝泉寺の言及

【目黒不動】より

…東京都目黒区にある天台宗の寺。正しくは泰叡山滝泉(りゆうせん)寺。808年(大同3)に,円仁が下野から比叡山に赴く途中,この地に宿って不動明王を夢見,その像を刻んで安置したのがはじまりと伝える。…

※「滝泉寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android