コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非正規労働者 ヒセイキロウドウシャ

3件 の用語解説(非正規労働者の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひせいき‐ろうどうしゃ〔‐ラウドウシヤ〕【非正規労働者】

就業先の事業所に非正規雇用の形態で就労している労働者。嘱託社員期間従業員パートタイム労働者・臨時雇用者、および派遣労働者請負労働者など。他の企業等からの出向者を含めることもある。非正規雇用労働者

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

非正規労働者【ひせいきろうどうしゃ】

いわゆる正社員とよばれる雇用以外の雇用による労働に従事している労働者。法的な雇用形態でいえば,有期契約労働者派遣労働者パートタイム労働者のいずれか一つまたはその複数に該当する雇用である。
→関連項目雇用保険労働組合法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

非正規労働者
ひせいきろうどうしゃ

正社員以外の非正規雇用の形態で働く労働者。アルバイトパートタイマー契約社員派遣社員などとよばれる労働者の総称である。通常は、時間当り賃金が正規労働者よりも低く、福利厚生面などでの待遇も悪い。半年、1年などの短期契約が多く、キャリアアップのための制度や正社員へ登用する仕組みも設けられていないことが多い。日本では、1980年代から雇用者全体に占める非正規雇用の比率が上昇しているが、これは同時期にスーパーマーケット外食産業など、安価で短期的な労働力を必要とするサービス産業が発展したことによる。1990年代後半になると、バブル崩壊の影響により企業が新卒採用を絞り込んだことから、こうした労働者の増加傾向が著しくなり、2003年(平成15)には雇用者全体の30%を超えた。総務省の2012就業構造基本調査では、非正規労働者は約2043万人となり、初めて2000万人を突破した。比率も38.2%と過去最高を更新している。高齢化により、医療・福祉分野における女性のパートタイム雇用が拡大していることも、非正規雇用比率の上昇につながっている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

非正規労働者の関連キーワード非正規社員・非正規雇用官製ワーキングプアー正規雇用非正規雇用非正規社員非正社員一般就労就労継続支援事業福祉就労若者の雇用対策

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

非正規労働者の関連情報