領空侵犯(読み)りょうくうしんぱん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

領空侵犯
りょうくうしんぱん

領空は国際民間航空条約により領域国の完全かつ排他的な主権下にある。領海における船舶とは異なり,航空機領空において無害通航権に準ずる権利をもっていないため,領域国の同意なくして領空内に立入った場合,領空侵犯として国際法上の不法行為となる。領空侵犯機に対しては,軍用機による警告威嚇射撃,強制着陸,直接銃撃による撃退など,段階を追った措置が規定されているが,民間機に対する撃墜は原則禁止がすでに確認されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

りょうくうしんぱん【領空侵犯】

他国の航空機が、領域国の許可など所定の手続なく領空に侵入すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

りょうくう‐しんぱん リャウクウ‥【領空侵犯】

〘名〙 外国の航空機が、国際法規または当該国の法令に違反して領空に侵入すること。許可なく領空に侵入した場合は、まず警告を発し、なお侵入を継続するならば撃墜を含め実力でこれを排除することが認められている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の領空侵犯の言及

【航空機】より

…航空機は,公海・無主地上の飛行の自由を有し,登録国の支配に服する。航空機が外国領空に許可なく侵入する場合には,領空侵犯を構成し,撃墜を含めて下土国の自由な決定にゆだねられる。軍用航空機が許可を得て外国領域にあるときは,軍艦と同様の特権(不可侵権治外法権)を有する。…

※「領空侵犯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

領空侵犯の関連情報