コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

髣髴/彷彿 ホウフツ

デジタル大辞泉の解説

ほう‐ふつ〔ハウ‐〕【××髴/××彿】

[名](スル)
ありありと想像すること。よく似ているものを見て、そのものを思い浮かべること。「往時を―させる」
「ミイラに因って埃及(エジプト)人を―する」〈漱石吾輩は猫である
ぼんやりしていること。
「眸を凝らして海を望めば、―の間」〈鴎外訳・即興詩人
[ト・タル][文][形動タリ]
ありありと想像するさま。目の当たりに見る思いをするさま。「郷里を―とする」「故人が―として現れる」
ぼんやりしているさま。
「彼が何物をか有しているのが、―として認められた様である」〈鴎外青年
よく似ているさま。
「田の太夫の舞台顔に―たり」〈逍遥当世書生気質

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

髣髴/彷彿の関連キーワード飛鳥セクシャルハラスメントデービッド バーンジル マゴーンジェネシス鳥高斎栄昌村岡三郎後藤慶二ありあり頼山陽窺破惶忙双声退回

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android