コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風見鶏 かざみどりweathercock

翻訳|weathercock

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

風見鶏
かざみどり
weathercock

屋根や船のマストなどに設置された矢羽根のある風向計。西洋では教会の塔などに雄鶏をかたどった風見鶏が多くみられ,風向きが天候と関係が深いことからウェザーコックと呼ぶ。日本にはカラスをかたどった風見鶏もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かざみ‐どり【風見鶏】

鶏(にわとり)をかたどった風向計。西洋で、寺院の塔の上などに取りつけてある。
定見をもたず、周囲の状況を眺めて、都合のよい側にばかりつく人のこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

風見鶏【かざみどり】

風向きを知る具。〈風見〉とも。最古の記録はアテナイの風の塔の海神トリトンの像。西洋の教会では風見鶏をつけるが,これはキリストとの関係を3度否認したペテロをめざめさせた雄鶏の記念という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

風見鶏

NHKのドラマシリーズ「朝の連続テレビ小説」の作品のひとつ。1977年10月~1978年4月放映。脚本:杉山義法。音楽:奥村貢。出演:新井春美、蟇目良、大木実ほか。戦争によりドイツ人でパン職人だった夫と生き別れた女性・ぎんが、神戸でパン屋を営み成功するまでを描く。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かざみどり【風見鶏】

〈風見〉ともいう。英語のvane(風見の総称)は古代英語のfana(旗)が語源で,旗印を立てて風の方向を知るとともに,その旗印の紋章で家柄を示したことを表している。風見の最も古い記録は,ギリシアの天文学者キュロスのアンドロニコスがアテナイにつくった,〈風の塔〉と呼ばれた大理石の八角塔の頂上につけられたもので,銅製のトリトン(半人半魚の海神)の像が風にしたがって向きを変え,手にした杖(つえ)でその像に吹いている風の方向をさすようになっていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かざみどり【風見鶏】

鶏をかたどった風見。
俗に、時流に合わせることの巧みな人のたとえ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

風見鶏の関連キーワードトリトン(神話)ウエザーコック神戸・北野地区橋本千枝子桜 むつ子中曽根康弘中曾根康弘ラランドニワトリトムソンたとえ鍛冶屋蟇目亮時流

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

風見鶏の関連情報