頓原(読み)とんばら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

頓原
とんばら

島根県東部飯南町北部の旧町域。中国山地山間にある。 1949年町制。 1957年志々村と合体。 2005年赤来町と合体して飯南町となった。米作,和牛飼育が中心。中心集落にある頓原温泉は炭酸泉で薬用になる。南部には『出雲国風土記』に記された琴引山 (弥山,1014m) ,東部の広島県境には大万木山 (おおよろぎさん) ,西端には三瓶山 (さんべさん) があり,中央部を神戸川が北流。付近一帯は大山隠岐国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

頓原
とんばら

島根県中東部、飯石郡(いいしぐん)にあった旧町名(頓原町(ちょう))。現在は飯南町(いいなんちょう)の北東部を占める。旧頓原町は1949年(昭和24)町制施行。1957年志々(しし)村と合併。2005年(平成17)赤来町(あかぎちょう)と合併、飯南町となる。旧町域は、中国山地に位置し、東部を広島県と接し、神戸(かんど)川が流れる。国道54号、184号が通じる。広島市まで自動車で約2時間、1965年吹ヶ峠の西方を抜ける晴雲(せいうん)トンネルが開通し、松江市へ1時間余りの距離になった。北西部の三瓶(さんべ)山東麓(とうろく)は大山隠岐(だいせんおき)国立公園に含まれ、広島県境にはブナの自然林のある大万木(おおよろぎ)山(1218メートル)があり、1993年に県民の森が開園している。近世は松江藩の支藩広瀬藩領。米作を中心に牛の飼育や高冷地野菜、メロン、花卉(かき)の栽培が盛ん。ほかにヤマメの養殖、林業などを行う。南部の琴引(ことひき)山(1013メートル)の山麓にはスキー場がある。飯南町民俗資料館には国の重要有形民俗文化財「奥飯石及び周辺地域の積雪期用具」が150点収納・展示される。

[石橋忠男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android