飴売(読み)あめうり

百科事典マイペディアの解説

飴売【あめうり】

扮装(ふんそう)に趣向を凝らし余興を添えて市中を売り歩く屋は江戸時代に始まる。元禄・宝永(1688年―1704年)のころ江戸浅草の七兵衛が千年(歳)飴を売り出したことが《還魂紙料》にみえ,1770年代に浅黄頭巾(ずきん)に袖無(そでなし)羽織で,日傘(ひがさ)に赤い絹をたらし,鉦(かね)を鳴らして歌い歩く飴売りの話が《耳袋》にある。宝暦・明和(1751年―1772年)ころ奥州人土平なる飴売りが現れ,蜀山人(しょくさんじん)も滑稽(こっけい)本《飴売土平伝》を書いた。
→関連項目

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android