コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飴売 あめうり

百科事典マイペディアの解説

飴売【あめうり】

扮装(ふんそう)に趣向を凝らし余興を添えて市中を売り歩く屋は江戸時代に始まる。元禄・宝永(1688年―1704年)のころ江戸浅草の七兵衛が千年(歳)飴を売り出したことが《還魂紙料》にみえ,1770年代に浅黄頭巾(ずきん)に袖無(そでなし)羽織で,日傘(ひがさ)に赤い絹をたらし,鉦(かね)を鳴らして歌い歩く飴売りの話が《耳袋》にある。
→関連項目

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

飴売の関連キーワード一本刀土俵入取っ替えべい新保広大寺ワーグマン黒沢 三一よしこの節阿万が飴ほにほろ大道芸紙芝居橘京果飴宝引千歳飴唐人飴千年飴物売

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android