コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飴売 あめうり

1件 の用語解説(飴売の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

飴売【あめうり】

扮装(ふんそう)に趣向を凝らし余興を添えて市中を売り歩く飴屋は江戸時代に始まる。元禄・宝永(1688年―1704年)のころ江戸浅草の七兵衛が千年(歳)飴を売り出したことが《還魂紙料》にみえ,1770年代に浅黄頭巾(ずきん)に袖無(そでなし)羽織で,日傘(ひがさ)に赤い絹をたらし,鉦(かね)を鳴らして歌い歩く飴売りの話が《耳袋》にある。
→関連項目

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

飴売の関連キーワード扮装息を凝らす地連歌数寄を凝らす瞳を凝らす平付け目を凝らす物好く思いを凝らす巧む

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

飴売の関連情報