餅花(読み)モチバナ

デジタル大辞泉「餅花」の解説

もち‐ばな【餅花】

柳などの枝に、さまざまな色・形をした小さな餅や団子を花のようにつけたもの。小正月神棚や室内に飾る。 新年》「―や不幸に慣るること勿れ/草田男」→繭玉まゆだま

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「餅花」の解説

餅花 (モチバナ)

植物。キク科の越年草,薬用植物。ハハコグサの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典 第2版「餅花」の解説

もちばな【餅花】

正月の物作りの一種。米の粉を丸めただんごや餅で作物の豊熟した形を模し,柳,エノキ,栗,ミズキなどの枝にさしたもので,その年の農作物豊作を祈って作られる。もともとは粥柱粥杖(かゆづえ)などに由来し,削掛けの技術の衰えとともにホダレ(穂垂),繭玉の花などに分化発展したものといわれている。餅花の大きな枝にはいっしょに農具小判宝船などをかたどっただんごやミカンがつけられることもあり,石臼米俵を台にして神棚をまつる部屋に立てられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の餅花の言及

【花】より

…その造花は平安時代のころは絹を材料にし,のちにはさまざまな色に染めた紙を使うようになった。ミズキなどの枝に花が咲いたように小さな餅をつける餅花も,神霊の依代であり,吉兆笹はその変形である。法会の席に摘んだ花や花弁をまく散華の風は仏教がもたらしたが,あまり一般化していない。…

※「餅花」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android