コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香春[町] かわら

2件 の用語解説(香春[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

香春[町]【かわら】

福岡県中東部,田川郡の町。主集落は宿場町,商業中心地として発達,江戸時代には小倉藩の奉行所が置かれた。香春岳石灰石によるセメント工場があり,日田彦山線,平成筑豊鉄道が通じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かわら【香春[町]】

福岡県北東部,田川郡の町。人口1万3892(1995)。北部は金辺峠を境に北九州市に隣接する。遠賀川支流の金辺川流域に沖積低地がひらけ,南部に低丘陵地が分布する。古くは〈かはる〉と呼ばれ,豊前国府から大宰府に通じる官道の宿駅があったところで,中世以降は市場町として栄え,江戸時代には小倉藩の奉行所が置かれた。1866年(慶応2)には第2次長州征伐で敗れた小倉藩が当地に移り,香春藩が成立した。中心産業は香春岳の良質の石灰石を原料とするセメント産業である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

香春[町]の関連キーワード田川福岡宇陀尾花沢御殿場裾野匝瑳高萩徳島豊前

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone