コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駅制 エキセイ

デジタル大辞泉の解説

えき‐せい【駅制】

古代、律令制中央政府と地方との連絡・通信のために設けられた交通制度。諸道の30里(約16キロ)ごとに一が置かれ、官吏使者に馬・食糧を提供した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えきせい【駅制】

陸上交通制度の一。唐の制度にならって大化の改新に始まり、大宝令に至って制度的に確立。都と各国の国府を結ぶ幹線道路に30里(約16キロメートル)ごとに駅を置き、各駅に駅馬を備えて緊急の官用通信にあて、また別に、諸国の郡家ぐんけに伝馬てんまを置いて通常の官用通信にあてた。駅戸の負担過重などにより、律令体制の崩壊とともに衰えた。駅伝。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

駅制
えきせい

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の駅制の言及

【駅伝制】より

…近代になると,持続力のある動力機関や瞬時に連絡しうる通信機関が発明された結果,駅伝の必要がなくなって消滅した。
[日本]
 日本古代の駅伝制は車を欠き馬と人のみによるが,朝廷が関与した駅制と,国郡に管理させた伝馬制とに分けられる。まず駅制の萌芽は,6世紀末から7世紀前半にかけて大和朝廷の全国支配が進み,大陸に隋・唐の大帝国が出現して朝鮮半島を圧迫しはじめたころ,北九州の出先官庁と大和朝廷との間の連絡を緊密にする必要が生じ,朝廷の発行した駅鈴(えきれい)を携帯した官人に途中の国造が便宜をはかるという形で発生したと思われる。…

※「駅制」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

駅制の関連キーワード東海道宇津ノ谷峠越内国通運会社仙台・松前道大化の改新大久保長安草津宿本陣坂本 太郎宿駅制度伊奈忠次民間省要児玉幸多駅・駅家石川忠房脇往還伝馬役御幣餅中山道大宝令公式令駅逓司

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android