コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高山チョウ こうざんチョウ

百科事典マイペディアの解説

高山チョウ【こうざんチョウ】

日本の高山に限ってすむチョウの通称。元来寒冷な気候を好む種類ばかりで,シベリア,アラスカなどの高緯度地方に共通または類縁の近い種類が多い。またこうした地域では平野部に生息することが多い。氷河時代のものが温暖になるに従って高山に後退したものと考えられている。日本では主として本州中部と北海道中部の山岳地方に分布。タカネヒカゲウスバキチョウクモマベニヒカゲダイセツタカネヒカゲなど14種。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高山チョウ
こうざんちょう
alpine butterfly

高山にだけ生息しているチョウをいう。高山でみつかっても、より低い所にもすんでいるチョウは高山チョウとはいわない。本州で慣例的に高山チョウとよばれているのは、タカネヒカゲ、ミヤマモンキチョウ、クモマベニヒカゲ、ベニヒカゲ、オオイチモンジタカネキマダラセセリコヒオドシクモマツマキチョウの8種。しかし、このなかで厳密に2500メートル以上の高山地にすむのはタカネヒカゲ1種のみである。クモマツマキチョウは場所によっては300メートル程度の低山地(たとえば新潟・長野県境に近い姫川(ひめかわ)の平岩(ひらいわ)付近)にも発生するので、厳密にいえば高山チョウではない。また、高山チョウというのは、ある地域に限っていうことができるもので、地域が違えば高山チョウの種類も変わる。たとえば、北海道の高山チョウとしては、ダイセツタカネヒカゲ、キイロウスバアゲハ(ウスバキチョウ)、アサヒヒョウモンなどがあげられるが、本州で高山チョウとよばれるベニヒカゲ、オオイチモンジ、コヒオドシなどは低山地(ときに平地)にも産し、北海道では高山チョウではない。これらの高山チョウは新生代第四紀の氷河時代に日本に渡来したもので、気候の回復とともに寒冷な高山に逃れて生き残ったものである。日本最高の富士山に高山チョウが1種も生息しないのは、富士山の成立が新しく、氷河期の終了後に形成されたためである。[白水 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

高山チョウの関連キーワードタカネヒカゲ(高嶺日陰)大雪山(たいせつざん)日高山脈襟裳国定公園カラフトルリシジミキイロウスバアゲハアサヒヒョウモンミヤマシロチョウ大雪山国立公園石鎚国定公園日本アルプス渡 正監深山白蝶高山蝶槍ヶ岳常念岳蝶ヶ岳旭岳

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android