コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高山チョウ こうざんチョウ

2件 の用語解説(高山チョウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

高山チョウ【こうざんチョウ】

日本の高山に限ってすむチョウの通称。元来寒冷な気候を好む種類ばかりで,シベリアアラスカなどの高緯度地方に共通または類縁の近い種類が多い。またこうした地域では平野部に生息することが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高山チョウ
こうざんちょう
alpine butterfly

高山にだけ生息しているチョウをいう。高山でみつかっても、より低い所にもすんでいるチョウは高山チョウとはいわない。本州で慣例的に高山チョウとよばれているのは、タカネヒカゲミヤマモンキチョウクモマベニヒカゲベニヒカゲオオイチモンジタカネキマダラセセリコヒオドシクモマツマキチョウの8種。しかし、このなかで厳密に2500メートル以上の高山地にすむのはタカネヒカゲ1種のみである。クモマツマキチョウは場所によっては300メートル程度の低山地(たとえば新潟・長野県境に近い姫川(ひめかわ)の平岩(ひらいわ)付近)にも発生するので、厳密にいえば高山チョウではない。また、高山チョウというのは、ある地域に限っていうことができるもので、地域が違えば高山チョウの種類も変わる。たとえば、北海道の高山チョウとしては、ダイセツタカネヒカゲ、キイロウスバアゲハ(ウスバキチョウ)、アサヒヒョウモンなどがあげられるが、本州で高山チョウとよばれるベニヒカゲ、オオイチモンジ、コヒオドシなどは低山地(ときに平地)にも産し、北海道では高山チョウではない。これらの高山チョウは新生代第四紀の氷河時代に日本に渡来したもので、気候の回復とともに寒冷な高山に逃れて生き残ったものである。日本最高の富士山に高山チョウが1種も生息しないのは、富士山の成立が新しく、氷河期の終了後に形成されたためである。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高山チョウの関連キーワード高山蝶限って高山気候ファームチーム深山白蝶むちむち無腸無腸漢岩銀杏タイムチャーター

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高山チョウの関連情報