コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

活歴物 かつれきもの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

活歴物
かつれきもの

活歴とは活 (い) きた歴史の意で,明治初頭から明治 20年代にかけて,9世市川団十郎によって上演された史実尊重の時代狂言をいう。俳優を文明開化の教導職に任じるという政府の方針や演劇改良運動の波に乗って,それまで史実的に荒唐無稽であった歌舞伎時代物を改革しようと,団十郎河竹黙阿弥福地桜痴の新作,改作を得て,せりふ,衣装,小道具,装置にいたるまで,考証第一に,写実的な新演出を試みたもの。一般の評判は悪く,団十郎も晩年には活歴を捨てたが,その演出,演技はのちの史劇振興に道を開くなど後世に与えた影響は大きい。『地震加藤』『伊勢三郎』『春日局』『大森彦七』そのほかの作品がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かつれき‐もの〔クワツレキ‐〕【活歴物】

活歴劇

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

活歴物【かつれきもの】

歌舞伎劇の一種別。明治10年代から9世市川團十郎らが始めた歴史劇をいう。明治期の合理主義から生れたもので,内容・演出・扮装(ふんそう)に史実を重んじ,活(い)きた歴史の意味から1878年仮名垣魯文が命名。
→関連項目演劇改良会河竹黙阿弥

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かつれきもの【活歴物】

歌舞伎狂言の一系統。明治10年代以降9世市川団十郎を中心に行われた歌舞伎の革新運動のなかで,旧来の荒唐無稽な時代物でなく,史実によって脚色し時代考証による扮装・演出に重きをおいた時代物の作品群をいう。団十郎のこの運動には1872年(明治5)に新劇場を新富町に建設して旧制度の打破を試みた興行師の12世守田勘弥,作者界の第一人者河竹黙阿弥らが協力した。〈活歴〉の語は,78年10月黙阿弥作の《二張弓千種重藤》が上演された際,〈時代物は活きたる歴史〉でなくてはならぬと依田学海らが述べたのに対し,《かなよみ新聞》で仮名垣魯文が〈活歴史〉と評したのにはじまるという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かつれきもの【活歴物】

歌舞伎狂言のうち、活歴の演出様式によって書かれた時代狂言の総称。活歴劇。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の活歴物の言及

【歌舞伎】より

…従来の歌舞伎の特徴であった非合理的な筋立てと卑俗な内容をやめ,誇張された様式的演技術を廃し,高尚趣味と写実的・合理的な演技術を用いて,新時代にふさわしい演劇を創り出そうとした。その結果生まれたのが,故実を調べ,史実に忠実であろうとした新史劇の〈活歴物〉と,内容の高尚な能に取材した新舞踊劇であった。〈活歴〉とは〈活きた歴史〉の意味で,かつてのような類型化された人物創造を廃し,性格や心理描写に力を入れた。…

【時代物】より

…当代の市井町人社会を題材とする世話物に対して,公卿や武家の社会を扱うが,時代物でも世話の場面が含まれるのが通例。近代以降に創作された史劇である活歴物も含まれる。時代物のうち,とくに王朝時代の公卿の社会を扱った狂言を王朝物(王代物)と呼んで区別することもある。…

【歴史劇】より

…王朝物や時代物の多くの作品がそれであり,例えば,《勧進帳》や《菅原伝授手習鑑(てならいかがみ)》などは偉大なるアナクロニズムの産物であり,弁慶や牛若丸といった登場人物たちは大いなる〈神話化〉を遂げているのである。これに対して,明治以降には〈活歴劇(活歴物)〉(〈活(い)きた歴史〉そのままの劇の意)の運動が起こった。これは9世市川団十郎や河竹黙阿弥を中心にして,それに福地桜痴や依田学海らが加わって進められたが,史実に忠実のあまり,芸術的完成度の点では満足すべきものではなかった。…

※「活歴物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

活歴物の関連キーワード市川団十郎(9世)市川団十郎(9代)尾上菊五郎(5代)藤浪与兵衛(初代)新歌舞伎十八番北条九代名家功莩源氏陸奥日記歌舞伎狂言新作歌舞伎新歌舞伎高時

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android