コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高木市之助 たかぎいちのすけ

7件 の用語解説(高木市之助の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高木市之助
たかぎいちのすけ

[生]1888.2.5. 名古屋
[没]1974.12.23. 名古屋
国文学者,文学博士第三高等学校を経て 1912年東京大学国文学科卒業。五高教授,文部省図書監修官,京城大学教授,九州大学教授,愛知県立女子大学学長,中京大学教授を歴任。古代文学研究に独創的な見解を示した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たかぎ‐いちのすけ【高木市之助】

[1888~1974]国文学者。愛知の生まれ。九大・名大教授。万葉集など古代文学を中心に、文芸学的研究にすぐれた業績を残した。著「吉野の鮎」「古文芸の論」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

高木市之助【たかぎいちのすけ】

国文学者。愛知県生れ。東大国文科卒。学識の広さと鋭い感覚で,日本古代文学の研究に独創的な多くの業績を示している。日本文学と風土とのかかわりを論ずる《日本文学の環境》,斬新な古代歌謡論《吉野の鮎》,〈形の文芸学〉を提唱した《古文芸の論》等のほか,《国文学五十年》など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高木市之助 たかぎ-いちのすけ

1888-1974 大正-昭和時代の国文学者。
明治21年2月5日生まれ。京城帝大,九州帝大,日大などの教授を歴任。古代歌謡や和歌を文芸学的に研究,風土文芸論,叙事詩論,英雄時代論などで知られる。昭和49年12月23日死去。86歳。愛知県出身。東京帝大卒。著作に「吉野の鮎」「日本文学の環境」「古文芸の論」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

たかぎいちのすけ【高木市之助】

1888‐1974(明治21‐昭和49)
日本文学研究者。名古屋市生れ。京城大,九州大教授などを務める。《日本文学の環境》(1938)の日本文学とその風土の関係についての講究,《吉野の鮎――記紀万葉雑考》(1941)の日本における叙事詩の探求,また《大伴旅人山上憶良》(1972)の両者を反発関係としてとらえる文学史の方法は,いずれも広い注目を集めた。その他《古文芸の論》《国文学五十年》など著書は多く,全集10巻も刊行された。【杉山 康彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たかぎいちのすけ【高木市之助】

1888~1974) 国文学者。愛知県生まれ。古代の詩精神を論じた「吉野の鮎」は「英雄時代論争」の契機となった。著「古文芸の論」「貧窮問答歌の論」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高木市之助
たかぎいちのすけ
(1888―1974)

国文学者。名古屋に生まれる。東京帝国大学卒業。京城帝国大学、九州大学、日本大学名古屋大学などの教授を歴任。古代文学を中心に、国文学全般を視野に収めた文芸学的研究に優れた業績を残した。古代における詩精神や叙事詩を論じて、「英雄時代論争」の契機ともなった『吉野の鮎(あゆ)』(1941)、文学における主観と客観をつなぐものとしての技術的性格を論理化した『古文芸の論』(1952)、文学環境としての風土がいかに文芸構造に関与するかを歴史的に論じた『日本文学の環境』(1938)など、名著である。[鈴木日出男]
『『高木市之助全集』全10巻(1976~77・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の高木市之助の言及

【日本文学】より

…〈歴史社会学派〉と称される人々の史的唯物論にもとづく日本古典の歴史的意義の追求がそれであり,近藤忠義《日本文学原論》(1937),永積安明《中世文学論》(1944)などは,非社会的な〈国文学〉の内在的批判,戦争とファシズムへの学問的抵抗の所産としての価値と意義をになっている。この学派の周辺から風巻景次郎《新古今時代》(1936),吉野裕《防人歌の基礎構造》(1943)が,また同じく戦時下の著ながら記紀に文学の息吹をよみがえらせた高木市之助《吉野の鮎――記紀万葉雑考――》(1941)がこんにちも色あせぬ成果を示すことが注目されよう。昭和期にはもうひとつの国文学内部からの批判的動向がみられる。…

※「高木市之助」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

高木市之助の関連キーワード岡崎義恵名古屋市立大学名城大学名古屋市蓬左文庫愛知県名古屋市西区上名古屋愛知県北名古屋市熊之庄愛知県名古屋市東区白壁愛知県名古屋市中区錦近藤忠義《文学研究者のための書誌学入門》

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone