コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高炉セメント こうろセメントslag cement

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高炉セメント
こうろセメント
slag cement

高炉で銑鉄を製造する際に得られる副産物のスラグに,ポルトランドセメント,石膏を加え,混合粉砕してつくった代表的な混合セメント高炉スラグの混入量によって程度の差はあるが,普通ポルトランドセメントに比べて,(1) 硬化過程で発する熱 (水和熱) が低い,(2) 耐久性が高い,(3) 化学抵抗性が大きい,(4) 透水が少い,などの特徴がある。ダムなどのマスコンクリート工事,護岸,排水溝,トンネル,地下鉄工事などに使用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

高炉セメント【こうろセメント】

高炉水砕スラグポルトランドセメントに配合した混合セメント。水和による発熱が低く化学抵抗性に富み,長期にわたり強度が増す。安価。ダムその他の土木建築,水中・海岸の工事などに適する。
→関連項目セメント

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高炉セメント
こうろせめんと
Portland blast-furnace cement

普通ポルトランドセメントに高炉スラグslag(鉱滓(こうさい))粉末を混合してつくられる混合セメント。高炉スラグを5~30%混合したA種、30~60%混合したB種、60~70%混合したC種の3種類がある。一般的にはB種高炉セメントが用いられるが、大きな断面の構造物にはC種高炉セメントの用いられる場合が多くなっている。高炉セメントの特長は、初期の強さは小さいが長期の強さが大きいこと、化学抵抗性および耐久性に優れていること、水和時の発熱が小さく収縮も小さいことなどである。[西岡思郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の高炉セメントの言及

【セメント】より

… 高炉スラグ自身はポルトランドセメントのように水和凝固することはないが,ポルトランドセメントを刺激剤として添加すると水和が始まり十分な強度を示すようになる。これが高炉セメントである。省資源,省エネルギーの観点から品質向上,利用法の開発が推奨されている。…

※「高炉セメント」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

高炉セメントの関連キーワードセメント工業高炉滓

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android