コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

れきli

翻訳|li

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


れき
li

袋状の脚を有する三足器。古代中国で広く使用され, (そう) と組合せて穀類を蒸すのに用いられた。石器時代以降,戦国時代まで生活用具として使用された陶製のものが主であるが,・周時代には青銅製のものもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かな‐え〔‐へ〕【×鬲】

漢字の構成部分で、「」「鬻」などの「鬲」の称。

れき【×鬲】

古代中国で用いられた三足の器。足は中空で、煮炊きに用いた。土器のほか青銅製のものもある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

鬲【れき】

中国の三足容器の一種。器形は(てい)に似るが,足が中空の袋足である点で鼎と異なる。陶製のものが殷(いん)代以前からあり,殷代中期以後青銅でも作られ,戦国時代,竈(かまど)と釜(かま)がつくられるまで煮炊きに用いられた。
→関連項目青銅器

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

れき【鬲 lì】

中国の新石器時代から戦国時代末期にかけてみられる器で,底が中空の3本足につながり,肉類を煮炊きするものである。また,上に(こしき)をのせて穀物を蒸すのにも用いられた。新石器時代後期の竜山文化期に,缶(かん)に3本の逆錐形状の空足の脚が付けられたものから始まったと考えられる。初めは土器製品だけで,口縁部に円形の把手が付けられるが,蓋付きのものはない。殷代から西周時代にかけて盛んにつくられ,殷代には錐形の脚の先端部が実脚になったものもあり,空足部が短くなっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

れき【鬲】

中国古代の器。三本の中空の足をもつ煮炊きに用いた器。殷いん周時代の青銅製の祭器が知られる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


れき

袋状の三足をもつ煮沸用具。鬲の上に甑(そう)(こしき)を重ねて用いる。鬲に水を入れ、甑に穀物を入れ、下から加熱して穀物を蒸す。肉類を煮沸した鼎(てい)と並んで、中国の三足器の代表的器形である。鬲の出現は竜山文化の時代で、殷(いん)代から西周にかけて盛行する。礼器としての青銅鬲も存在するが、実用具の多くは陶製の鬲である。殷代の陶製の鬲は、器全体に縄文や籃文(らんもん)が施され、口縁がくびれ、腹部が張り出し、袋状の足の先端は錐(きり)状にとがっている。西周時代から春秋戦国時代の鬲は、足がしだいに退化し、(ふ)とよばれる釜(かま)形の器形に変化していく。鬲と甑が一体になった(げん)とよばれる器形も、殷代から戦国時代にかけて用いられている。[飯島武次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のの言及

【青銅器】より

…方形四足の鼎にはときに特別大型のものがある。鼎に似るが3本の足が太く中空になったなべ(鬲(れき))はこの時期には土器のものが主流で,青銅製のものはほとんど作られない。鬲の上にこしきを作りつけた形の蒸し器(甗(げん))がこの時期の後半に作られ出す。…

※「鬲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鬲の関連キーワードトーチョウ(徳州)市上村嶺虢国墓地かまど(竈)貔子窩遺跡夏家店遺跡南山根遺跡闘鶏台遺跡キルギス族城子崖遺跡李峪村古墓不招寨遺跡張家坡遺跡盤竜城遺跡キルギス人闘鶏台古墓不召寨遺跡中国銅器李峪古墓三足土器盤竜城址

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android