コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こしき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


こしき

穀物を蒸す用器。甕 (かめ) に似た器の底に1つ,あるいは2つ以上の穴をあけ,これを湯沸しの上に重ね,穴を通って上る湯気によって穀物を蒸す仕組みとなっているもの。弥生時代以来使われるようになり,平安時代以降は木製の桶や曲げ物の甑が普通となって,江戸時代からのせいろうに引継がれた。中国,東南アジアにも甑があり,朝鮮の楽浪郡の遺跡からも発見されている。これらのいずれかが日本に伝来したものと思われるが,その経路は明らかではない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こしき【×甑】

昔、強飯(こわいい)などを蒸すのに使った器。底に湯気を通す数個の小さい穴を開けた鉢形素焼き土器で、湯釜の上にのせて使った。のちの、蒸籠(せいろう)にあたる。

そう【×甑】

古代中国で用いた土製などの蒸し器。湯を沸かす(れき)と合わせて(げん)とする。こしき

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

甑【こしき】

穀物を蒸す土器。形は鉢または甕(かめ)状で底に穴があり,(す)の子をはめて米などを入れ,湯沸しの上にのせて蒸す。古墳時代中期に朝鮮系の須恵器(すえき)の一つとして出現,のち土師器(はじき)の器種として普及したが,このころの甑は角形取手をつけたものが多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こしき【甑】

米などを蒸すための土器。木製品としても存在し,蒸籠(せいろう)とよばれる。円筒形か鉢形の器の底に1個ないし数多くの蒸気孔をあける。底に直接,布や藁を敷くか,底から少し上に簀の子(すのこ)をはめるかして,米などをのせる。水をいれた別の器の上に甑を重ね,火熱による熱い蒸気で蒸しあげる。中国では新石器時代に稲作地帯(浙江省河姆渡(かぼと)遺跡第3層,馬家浜文化)に出現し,竜山文化には,甑と下の器((れき))とをひとつの土器として作った甗(げん)も出現した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こしき【甑】

弥生時代以降、米・豆などを蒸すのに用いた道具。底に数個の湯気を通す小穴を開けた深鉢形の土器。湯釜の上にのせて用いる。奈良時代頃から木製も現れた。のち、円形・方形の木製の蒸籠せいろうにとって代わられた。そう。 「かまどには火気ほけ吹き立てず-には蜘蛛の巣かきて/万葉集 892
[句項目] 甑に坐するが如し

そう【甑】

こしき。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


こしき

穀物などの蒸し器。鉢形または甕(かめ)形の器の底に、下の器から沸いた湯気をあげる穴をあけ、中に簀子(すのこ)や麻布を敷き、蓋(ふた)をして食物を蒸す。弥生(やよい)時代の土器にもみられたが、5世紀のころ、朝鮮南部を経て角(つの)状の把手(とって)のある大型の土製の甑が伝来し、土製の釜や竈(かまど)と組み合わせて使用された。山上憶良(やまのうえのおくら)は、「竈(かまど)には火気(けぶり)ふき立てず甑には蜘蛛(くも)の巣かきて、飯炊(いいかし)ぐ事も忘れて」と詠んでいる。甑では米を蒸して強飯(こわめし)、蒸し米を干して糒(ほしいい)、杵(きね)で搗(つ)いて餅(もち)をつくる。稗(ひえ)は蒸してから搗いて殻を除き飯にする。そのほか、団子、ちまきを蒸すとか、酒造やみそづくりにも用いられる。平安時代に曲物(まげもの)の甑が出現し、のちに桶(おけ)の甑となり、江戸時代には蒸籠(せいろう)の発達をみた。[木下 忠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

甑の関連キーワード鹿児島県薩摩川内市上甑町中甑山形県最上郡真室川町及位甑落とし・甑落し甑に坐するが如し里(鹿児島県)薩摩川内[市]藺牟田ノ瀬戸ニューこしき甑島国定公園上甑〈村〉鹿島〈村〉下甑〈村〉甑島芙蓉布下甑[村]越木岩神社雷えんどう薩摩川内市上甑[村]転ばかす薩摩川内

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

甑の関連情報