鰯の頭も信心から(読み)イワシノアタマモシンジンカラ

デジタル大辞泉の解説

鰯(いわし)の頭も信心から

イワシの頭のようなつまらないものでも信心する人には尊く思われる。物事をかたくなに信じる人を揶揄(やゆ)するときなどにもいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いわしのあたまもしんじんから【鰯の頭も信心から】

イワシの頭のようにとるにたらないものでも、信ずる気持ちがあれば尊いものに見える。信仰心の不思議さをたとえた語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いわし【鰯】 の 頭(あたま・かしら)も信心(しんじん)から

鰯の頭のようにつまらないものも、それを信仰する人には大事であること。信仰心が不思議な力を持つたとえ。また、頑迷に信じこんだ人をからかっても用いる。〔俳諧毛吹草(1638)〕
※談義本・風流志道軒伝(1763)二「節分の狗骨(ひひらぎ)、鰮(イワシ)の頭も信仰からとはいへども」
[補注]「信心から」は、信じ方しだいだの意の「信じから」の転で、「東海道名所記‐六」に「(いはし)のかしらも信じからなれども、無理非法の公事は神仏もちから及びがたし」とある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android