コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳩山秀夫 はとやまひでお

百科事典マイペディアの解説

鳩山秀夫【はとやまひでお】

民法学者。東京都出身。鳩山一郎の弟。東大教授。早期退官後,一時衆議院議員となった。ドイツ民法学の研究,特に〈取引の安全〉の法原理を進展させて,それを日本の民法典に即してとりいれ,民法解釈学に画期的な貢献をした。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳩山秀夫 はとやま-ひでお

1884-1946 大正-昭和時代前期の民法学者。
明治17年2月7日生まれ。鳩山和夫の次男。鳩山一郎の弟。大正5年母校東京帝大の教授。ドイツ民法学をもとに日本民法の解釈学を体系化し,学界を主導した。15年義弟の末弘厳太郎(いずたろう)らに学説を批判され辞職し,弁護士となる。昭和7年衆議院議員(政友会)。昭和21年1月29日死去。63歳。東京出身。著作に「日本債権法総論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はとやまひでお【鳩山秀夫】

1884‐1946(明治17‐昭和21)
民法学者。1908年東京帝国大学法科大学を卒業,同講師となり,10年助教授。ドイツ,フランスに留学の後,16年教授に昇任し,民法講座を担任した。26年,42歳の若さで退官して弁護士を開業。以後は学問的活動から退いた。のちに衆議院議員となったこともある。ドイツ民法学の概念・論理を用いて日本民法を解釈し,体系化することに努めてこれを完成させ,現在の民法学の源流を形成した一人と認められている。著書《日本債権法総論》(1918),《日本債権法各論》2巻(1920)は,名著として知られ,当時の学界・実務界に大きな影響を与えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳩山秀夫
はとやまひでお
(1884―1946)

民法学者、弁護士、政治家。鳩山和夫の次男。1908年(明治41)東京帝国大学法科卒業。1910年同助教授となる。1911年ヨーロッパに留学し、ボン、ベルリン、パリで学ぶ。1914年(大正3)帰国。1916年教授となり、民法講座を担当。1926年教授を辞して弁護士を開業、1932年(昭和7)には衆議院議員となる。学風はドイツ法学の影響を強く受け、その輸入に貢献があった。主著に『日本民法総論』『日本債権法総論』など。[淡路剛久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鳩山秀夫の関連キーワード鳩山 一郎鳩山 和夫我妻 栄淡路剛久我妻栄

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android