コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鵜川 うかわ

5件 の用語解説(鵜川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鵜川
うかわ

石川県北部,能登町最南端にある旧能都町の漁業集落。旧村名。内浦の漁港の一つで,山田川の河口にある木材の集散地でもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

う‐かわ〔‐かは〕【×鵜川】

を川に放して、川魚をとること。鵜飼い。また、鵜飼いをする川。 夏》「只一人―見にゆくこころ哉/蕪村

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うかわ【鵜川】

鵜飼いをする川。また、鵜飼いのこと。 [季] 夏。 「うなひ川清き瀬ごとに-立ち/万葉集 3991
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鵜川
うかわ

石川県鳳珠(ほうす)郡能登(のと)町南部の一地区。古くからの港町。鉄道は、のと鉄道能登線(穴水(あなみず)―蛸島(たこじま)間)が通じていたが、2005年(平成17)4月廃止され、現在は代替バスが通じている。海瀬神社で七福神の一つ弁財天を祀る祭礼「にわか祭り」が行われる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鵜川の関連キーワード鵜飼い火鵜飼い船鵜舟鵜飼い舟鵜飼資料園日本の鵜飼いつなぎ鵜飼い長良川鵜飼い放ち鵜飼い船鵜飼い

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鵜川の関連情報