コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鵜川(読み)うかわ

デジタル大辞泉の解説

う‐かわ〔‐かは〕【×鵜川】

を川に放して、川魚をとること。鵜飼い。また、鵜飼いをする川。 夏》「只一人―見にゆくこころ哉/蕪村

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うかわ【鵜川】

鵜飼いをする川。また、鵜飼いのこと。 [季] 夏。 「うなひ川清き瀬ごとに-立ち/万葉集 3991
[句項目] 鵜川の小鮎

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鵜川
うかわ

石川県鳳珠(ほうす)郡能登(のと)町南部の一地区。古くからの港町。鉄道は、のと鉄道能登線(穴水(あなみず)―蛸島(たこじま)間)が通じていたが、2005年(平成17)4月廃止され、現在は代替バスが通じている。海瀬神社で七福神の一つ弁財天を祀る祭礼「にわか祭り」が行われる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鵜川の関連情報