コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴賀新内(3世) つるがしんない[さんせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鶴賀新内(3世)
つるがしんない[さんせい]

新内節の太夫。文政年間 (1818~30) 頃活躍。初め1世鶴賀若狭掾門人で,のち2世新内の門人または客分か。初名加賀歳から,豊名賀薗太夫,鶴賀薗太夫など,数回改名している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

鶴賀新内(3世)の関連キーワードサウド家フォンタネージ梅暮里谷峨楠里亭其楽増田五郎右衛門グロズヌイ文政アルフェドソンガーイクワールドゥラーニー朝

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android