コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鷹の井戸 たかのいどAt the Hawk's Well

3件 の用語解説(鷹の井戸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鷹の井戸
たかのいど
At the Hawk's Well

アイルランドの詩人 W.B.イェーツの詩劇。 1916年ロンドンの私家の客間で初演。 E.F.フェノロサによる能楽の英訳に刺激されて書いた『舞踊劇四編』 (1916~21) の一つ。不死の命を得られるという水が湧く井戸をめぐって,アイルランド神話の英雄クフーリンモチーフにした若者,対象をなす老人,そして井戸を守る鷹の化身のような女の3人を描いた作品で,銅鑼や太鼓,チターを演奏し歌をうたう3人の楽人が舞台上で伴奏をつける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たかのいど〔たかのゐど〕【鷹の井戸】

《原題At the Hawk's Wellイェーツの戯曲。1916年、ロンドンのキュナード夫人邸にて初演。日本のの影響を強く受けた作品で、初演時に鷹を演じたのは、日本人舞踊家の伊藤道郎

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鷹の井戸
たかのいど
At the Hawk's Well

アイルランドの詩人、劇作家イェーツの一幕物詩劇。1916年初演。アルスター伝説の英雄クーフリンは不死の水を飲むため山中の涸(か)れ泉にくるが、見張りの女(実は土地の霊である鷹の化身)の踊りに誘い出されて、水の湧(わ)き出る瞬間を逃し、自己の運命を知って、攻め寄せる女軍と戦う。ほかに、50年間待ち続けて、なお水を飲むことのできない老人が登場する。イェーツが日本の能の英訳に着想を得て書いた、象徴主義的な劇の一つ。裸の舞台、3人の楽師兼口上役、登場人物の仮面、劇中の踊りなど、作劇技法に能の様式の影響がみられる。ロンドン初演の際には、舞踊家伊藤道郎(みちお)が鷹の化身を演じた。日本の新作能『鷹の泉』(喜多(きた)流)、『鷹姫』(観世(かんぜ)流)は、この劇を逆輸入翻案したもの。[高松雄一]
『高橋康也訳『鷹の井戸』(『世界文学大系71 イェイツ・エリオット・オーデン』所収・1975・筑摩書房) ▽風呂本武敏訳『鷹の泉』(『イェイツ戯曲集』所収・1980・山口書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鷹の井戸の関連情報