コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霞が関 かすみがせき

7件 の用語解説(霞が関の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

霞が関
かすみがせき

東京都千代田区南部,桜田門から虎ノ門にいたる地区。地名の由来は,かつてこのあたりに奥州古街道が通じ,霞が関と呼ぶ関所があったことからといわれる。江戸時代大名屋敷が並んでいたが,明治以後は中央諸官庁が集中して,日本の行政の中枢をなす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かすみがせき【霞が関】

東京都千代田区南部の地名。桜田門から虎ノ門に至る一帯で、中央官庁街。
にあるところから)中央官庁や官僚組織全体を指していう語。また特に、外務省のこと。「霞が関外交」→永田町

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

霞が関【かすみがせき】

東京都千代田区の町名。江戸時代は大名屋敷町,明治以後日本の行政・司法の中心となり,法務省財務省(旧大蔵省),経済産業省(旧通商産業省),外務省農林水産省文部科学省(旧文部省科学技術庁),厚生労働省(旧厚生省労働省),国土交通省(旧運輸省建設省北海道開発庁国土庁),最高裁判所最高検察庁警視庁などの諸官庁が集中。
→関連項目日比谷

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かすみがせき【霞が関】

東京都千代田区南部の地名。現在は桜田門から虎ノ門に至る通りの両側の中央官庁街をさすが,古くは付近一帯の呼称であった。江戸築城後,浅野,黒田,上杉家など大名の上屋敷がこの付近に集中していた。1872年(明治5)に都心部で大火があった後,外務省,海軍省など新政府の諸官庁がここに新たに設置され,続いて内務省司法省,警視庁,大審院などができ,第2次世界大戦前にはこの一帯に中央行政府がそろった。戦後,中央官庁の機構改革を経て現在の霞が関には労働省を除くすべての本省のほか,人事院,科学技術庁,海上保安庁などが集まっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かすみがせき【霞が関】

◇ 東京都千代田区南部の中央官庁街。外務・財務・文部科学・法務などの各省庁舎や合同庁舎が集中し、永田町とともに日本の政治・行政の中心地。古く、同名の関所が置かれていたことからの称。霞ヶ関。
行政をつかさどる中央官庁の通称。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔東京都〕霞が関(かすみがせき)


東京都千代田(ちよだ)区南部の地区名。国の行政・司法機関が集中、官庁街の代名詞ともなる。皇居桜田門(さくらだもん)の南から虎ノ門(とらのもん)にかけて広がる。江戸時代は福岡(ふくおか)藩黒田(くろだ)家・広島(ひろしま)藩浅野(あさの)家などの上屋敷があった大名屋敷地。関東大震災後、外務省・財務省・経済産業省など日本政府の省庁が集積、中央官庁街に。東京高等裁判所・最高検察庁・警視庁、日本最初の超高層ビル霞が関ビルなどがある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

霞が関
かすみがせき

東京都千代田区南部、皇居南の桜田門から虎ノ門(とらのもん)一帯にかけての地区。古代、日本武尊(やまとたけるのみこと)が蝦夷(えみし)に備えて、大和(やまと)からはるか雲霞(うんか)を隔てたこの地に関所を設けたためにこの称があるという。山手(やまのて)台地にあり、江戸城に接し、城を守ることから、黒田氏、浅野氏ら20以上の諸大名の屋敷地となった。明治以後は、この広大な屋敷地が軍用地として利用された。関東大震災(1923)以後は中央官庁街として計画され、官庁の一つ外務省のあることから霞が関は外務省の代名詞に用いられるようになった。第二次世界大戦後は高層建築に建て直され、桜田通り(国道1号)のマロニエの並木樹とともに美観を呈している。文部科学省隣の霞が関ビルはわが国最初の超高層ビルである。なお、検察庁など司法関係の官庁の地は、かつての大岡越前守(えちぜんのかみ)の邸跡である。霞が関の東に日比谷(ひびや)公園、西に国会議事堂がある。東京メトロ丸ノ内、千代田、日比谷線が通る(駅名は霞ケ関)。[沢田 清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

霞が関の関連キーワード東京都千代田区一番町東京都千代田区九段北東京都千代田区九段南東京都千代田区皇居外苑東京都千代田区麹町東京都千代田区三番町東京都千代田区千代田東京都千代田区隼町東京都千代田区富士見東京都千代田区四番町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

霞が関の関連情報