コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麻生太吉 あそう たきち

3件 の用語解説(麻生太吉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

麻生太吉 あそう-たきち

1857-1933 明治-昭和時代前期の実業家。
安政4年7月7日生まれ。麻生太賀吉の祖父。明治5年生地の福岡県筑豊地方で石炭採掘事業をはじめ,次々と炭鉱を開発。安川敬一郎,貝島太助筑豊御三家とよばれた。麻生商店を中核に電力,鉄道,セメントなど多角的に事業を展開した。32年衆議院議員,44年貴族院議員,大正10年石炭鉱業連合会会長。昭和8年12月8日死去。77歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

あそうたきち【麻生太吉】

1857‐1933(安政4‐昭和8)
炭鉱経営者。福岡県に生まれ,1872年(明治5)から炭鉱経営にあたり,84年鯰田で近代的炭鉱の開発に着手し,以後炭鉱を売却しつつ経営基盤の拡張につとめた。89年鯰田鉱を三菱に,94年忠隈鉱を住友に,1907年藤棚(本洞)鉱を三井にそれぞれ売却,1891年山内,94年上三緒,1901年豆田,06年綱分,09年吉隈,13年赤坂などの炭鉱を開坑し,貝島,安川・松本とともに筑豊御三家と称された。石炭販売は1899年ころから三井物産に委託していたが,1917年ころから直接販売をめざした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

麻生太吉
あそうたきち
(1857―1933)

実業家。福岡県生まれ。父に従い炭鉱業に着手、「程度大切」を信条に、麻生商店(麻生セメントの前身)を筑豊(ちくほう)御三家と称される土着有力鉱業会社に育て上げた。また、嘉穂(かほ)銀行(1896)、嘉穂電灯(1908)、九州産業鉄道(1919)などを設立して経営多角化を推進し、炭鉱、電力、鉄道業を軸に一代で九州財界に確たる地位を築いた。この間、衆議院議員、貴族院議員、筑豊石炭鉱業組合総長、石炭鉱業連合会会長などの要職を歴任した。[畠山秀樹]
『泉彦蔵著『麻生太吉伝』(1934・第一書房) ▽麻生太吉伝刊行会『麻生太吉翁伝』(1935) ▽麻生百年史編纂委員会編『麻生百年史』(1979)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

麻生太吉の関連キーワード高橋栄子林康満小沢槐蔭楽弘入山崎杏霞山井氏興奥好義木内半古富本豊前(初代)渡辺渡

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

麻生太吉の関連情報