コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安川敬一郎 やすかわけいいちろう

3件 の用語解説(安川敬一郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安川敬一郎
やすかわけいいちろう

[生]嘉永2 (1849).4.17. 筑前
[没]1934.11.30. 東京
明治・大正期の実業家。福岡藩士徳永省易の四男に生まれ,16歳で安川岡右衛門の養子となった。藩執政局に奉職し,西郷隆盛勝海舟山岡鉄舟らの教えを受けた。1872年に慶應義塾に入ったが,1874年に中退して帰郷し,同族の松本潜らの炭田開拓を補佐した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安川敬一郎 やすかわ-けいいちろう

1849-1934 明治-大正時代の実業家。
嘉永(かえい)2年4月17日生まれ。慶応義塾を中退後,養家の炭鉱業をつぐ。明治41年明治鉱業を創立。大正4年安川電機製作所(現安川電機)を設立した。明治専門学校(現九州工業大)を創立する。大正3年衆議院議員貴族院議員。昭和9年11月30日死去。86歳。筑前(ちくぜん)(福岡県)出身。本姓は徳永。号は撫松。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安川敬一郎
やすかわけいいちろう
(1849―1934)

実業家、炭鉱企業家。嘉永(かえい)2年4月17日、福岡藩士徳永貞七(省易)の四男として筑前(ちくぜん)(福岡県)戸畑(とばた)に生まれ、1864年(元治1)安川家の養嗣子(ようしし)となる。幼名藤四郎。号は撫松。慶応義塾中退後、次兄松本潜に従い炭坑経営に着手。士族の商法といわれたが、1877年(明治10)石炭販売の安川商店設立、1896年共同出資の明治炭坑株式会社設立(1902年解散)、1899年納屋制度の廃止など、次々と新機軸を打ち出して成功。1908年(明治41)には明治鉱業株式合資会社を設立(1919年株式会社に改組)して社長となった。赤池、明治、豊国などの有力鉱を経営、筑豊御三家と称された。ほかに大阪織物、明治紡績、九州製鋼、黒崎窯業などの会社を設立。また、筑豊鉱業組合、若松石炭商組合、門司(もじ)石炭商組合の各組合長を歴任したほか、教育にも力を注ぎ、1907年私立明治専門学校(九州工業大学の前身)を創立した。超国家主義団体の玄洋社社員でもあった。昭和9年11月30日没。[畠山秀樹]
『松本健次郎編・刊『撫松余韻』(1935) ▽明治鉱業株式会社社史編纂委員会編・刊『社史 明治鉱業株式会社』(1957)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安川敬一郎の関連キーワード秋田半三宇野清左衛門大石保岡烈神野金之助(初代)沢山精八郎谷謹一郎西野謙四郎村井恒蔵山口太兵衛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安川敬一郎の関連情報