コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麻生慶次郎 あそう けいじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

麻生慶次郎 あそう-けいじろう

1875-1953 明治-昭和時代の農芸化学者。
明治8年6月24日生まれ。欧米に留学し,帰国後母校東京帝大の教授。日本農学会会長,日本土壌肥料学会会長などをつとめた。土壌肥料学,とくに微量要素の研究で知られ,また根粒細菌の利用に力をそそいだ。昭和28年10月28日死去。78歳。東京出身。著作に「土壌学」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あそうけいじろう【麻生慶次郎】

1875‐1953(明治8‐昭和28)
土壌肥料学者。東京生れ。1899年東京帝国大学農芸化学科卒。1912年同農学部教授。日本学士院会員,大日本農会副会頭,日本農学会会長その他学界の最高の指導的地位にあった。はじめ植物の生理化学を専攻し,O.ロイブとの共同研究《石灰苦土率の説》を発表した。その知見をもって土壌肥料学へ転じ,土壌中の有機態リン酸,腐植の定量法,根粒菌などに関する先駆的研究を残した。その門下からは多くのすぐれた土壌学者,肥料学者が輩出。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

あそうけいじろう【麻生慶次郎】

1875~1953) 農芸化学者。東京生まれ。東大教授。植物生理化学を研究、日本の土壌肥料学の発展に尽力。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

麻生慶次郎
あそうけいじろう
(1875―1953)

農芸化学者。東京に生まれ、1899年(明治32)東京帝国大学農科大学を卒業、大学院で植物生理化学を専攻した。1912年(明治45)母校の教授。研究の基礎に植物生理化学を置いて、日本の土壌肥料学の草分けとして活躍。微量要素、とくにマンガンについて先駆的研究を行い、またマメ科作物の栽培に根粒(こんりゅう)細菌を利用することを実行し、マメ、緑肥の増産に貢献した。東京農業大学はじめ農業研究教育機関の設置にも力を注いだ。1938年(昭和13)帝国学士院会員。日本農芸化学会会長、土壌肥料学会会長などを歴任した。[道家達將]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の麻生慶次郎の言及

【微量要素】より

…鉄が必要であることはすでに古くから知られていたと思われるが,記録としては1844年にグリスGrisが植物の鉄欠乏症について報告したのが知られている。またマンガンについては表のマクハーグJ.S.McHargueより古く,1903年に日本の麻生慶次郎により植物の生育をマンガンが刺激するという報告がなされている。 鉄はpHの高い土壌では水酸化鉄などの沈殿を形成し,植物に吸収されにくくなり,植物は鉄欠乏になる。…

※「麻生慶次郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

麻生慶次郎の関連キーワード昭和時代レーブ尽力

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android