コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒ボク土 くろぼくど

百科事典マイペディアの解説

黒ボク土【くろぼくど】

腐植に富み黒色で軽くてきめの荒い表層土と明るい褐色の下層土をもつ土壌に対し,日本でひろく用いられている分類名。古くから全国各地の農民の間で用いられている俗称に由来。
→関連項目黒泥土

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くろぼくど【黒ボク土】

火山灰に由来し,多量の有機物を含む黒色の表層土と明るい褐色の下層土をもつ土壌に対し,日本でひろく使われている分類名。表土の色が黒く,乾いた土を踏むとボクボクする感じからつけられた〈黒ボク〉という俗称に由来する。四国地方では同じ理由でオンジとよばれる。狭義火山灰土壌とほぼ同義に使われる。化学的に活性なアルミニウムに富み,そのため乾いた土は軽く,リン酸の吸着力が強いなど独特の物理的・化学的性質をもつ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の黒ボク土の言及

【火山灰土壌】より

…こうみてくると火山灰土壌といっても,その性質には発達段階や気候条件によりかなり幅があることがわかる。そこで前述の特性をもつ火山灰土壌の典型というべきものを,土壌分類では黒ボク土と呼ぶ。
[特殊な火山灰土層]
 火山灰土壌の下層には,特徴ある外観,産状を示す土層が挟まれていることがあり,日本ではその多くは古くよりいろいろな俗名で呼ばれている。…

【草原】より

…そのほか河原,砂丘,湿地などにも草原はみられる。日本に多い火山灰地帯では,アロフェンという粘土鉱物が土壌の主体となり,腐植はたまるがやせている黒ボク土という土壌が生成され,遷移の途中相のススキ草原がみられることが多い。
[人工の草原]
 自然植生の草原以外に,人為の加わった代償植生としての草原がある。…

【土壌型】より

…これに対して普通のケイ酸塩岩石およびケイ質岩を母岩として生成したA‐C断面の土壌,すなわち腐植に富む黒色の表層の直下に,岩石の破片からなるC層がくるような断面形態をもつ土壌はランカーとよばれる。黒ボク土の大部分は火山灰などの火山放出物を母材とする成帯内性土壌型で,亜寒帯南部から湿潤亜熱帯モンスーン地域の火山周辺に分布している。日本はとくに黒ボク土の分布が広く,火山灰土壌,腐植質アロフェン土などともよばれる。…

【鳥取[県]】より

…冬季,標高900m以上の山地では2mを超す積雪があり,火山斜面の多くは絶好のスキー場となる。大山から噴出した多量の火山灰は,広く県下の台地などを被覆しており,その表層は黒ボク土化している。黒ボク土は酸性のため土壌改良を必要とし,また風害や干害を受けやすかった。…

※「黒ボク土」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

黒ボク土の関連キーワード清武[町]横手盆地明野ヶ原運積土壌火山灰土蒜山高原火山灰高師原鏡ヶ成潮岬土色腐植

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒ボク土の関連情報