黒人取締法(読み)こくじんとりしまりほう(英語表記)Black Codes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「黒人取締法」の解説

黒人取締法
こくじんとりしまりほう
Black Codes

広義には,17世紀以来の対黒人奴隷立法をも含むが,狭には南北戦争後,1860~70年代のアメリカ南部諸州で制定された黒人の強制的就業,諸権利の否定を規定した州法をいう。南部諸州は戦後の農業労働力不足を補うため黒人労働力の確保を目的とする州法を定め,ルイジアナ,ミシシッピ,サウスカロライナなどの諸州では,白人によって黒人はすべて労働を強制されなければならないことを規定して,実質上の奴隷制度継続をはかった。連邦議会は「再建法」を南部に課してこの傾向を阻止しようとしたが,南部地主層の抵抗のため実質的効果は少なかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版「黒人取締法」の解説

黒人取締法
こくじんとりしまりほう
Black Codes

南北戦争後,憲法修正第13条で解放された黒人に対して南部諸州が設けた制限法。「ブラックコード」
選挙権財産・読書資格を付帯させ,公共施設交通機関の利用で白人との差別を残存させた。特にルイジアナ・サウスカロライナ・ミシシッピ州における黒人の強制雇用は,事実上奴隷制度を存続させるものであった。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android