黒部ダム(読み)くろべダム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒部ダム
くろべダム

富山県東部,黒部川上流の立山町にある関西電力の発電専用ダム。黒部川第四発電所 (最大出力 33万 5000kW。富山県黒部市) が取水していることから黒四ダムとも呼ばれる。 1956年着工,工費 513億円,延べ 1000万人の労力を投じ,1963年竣工。世界有数のアーチダムで,高さ 186m,長さ 492m,有効貯水量1億 4880万m3。ダム湖の黒部湖の水が黒部トンネルにより 10km下流,地下 150mに位置する黒部川第四発電所に導かれる。ダムから地下発電所までのトンネルと斜坑 815mの地下インクラインを総称して黒部ルートという。 1971年信濃大町-扇沢-黒部ダム-黒部平-大観峰-室堂-美女平-立山-富山を結ぶ観光ルート,立山黒部アルペンルートが開設された。一帯は中部山岳国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

黒部ダム

関西電力が1956年7月に着工し、63年6月に完成。送電は61年から実施。総工費は513億円。ダム本体の高さは186メートルで日本一総貯水量は約2億トン。工事には延べ1千万人が携わり、171人が命を落とした。ダム建設に伴う長野県側からの輸送路「関電トンネル」の掘削が難航した。

(2013-06-05 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

黒部ダム【くろべダム】

黒部川第四発電所用のアーチダム。黒四(くろよん)ダムとも。富山県中新川郡立山町黒部川上流にあり,1961年完成。堤高186m,堤長492mは世界屈指の規模で,貯水池黒部湖の有効貯水量1億4884万m3中部山岳国立公園に属する黒部峡谷の景観を保存するため,発電は10km下流の宇奈月町(現・黒部市)の地下発電所(黒部川第4発電所,最大出力33.5万kW)に導水して行う。ダム建設資材を運搬した大町〜扇沢間の道路(大町アルペンライン),扇沢〜黒部ダム駅間の関電トンネルは観光に利用され,富山側からも立山有料道路,立山トンネル,ロープウェーにより湖岸に達する。
→関連項目アーチダムトロリーバス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

黒部ダム

富山県中新川郡立山町の黒部川に位置する水力発電用のダム。1963年竣工のアーチ式コンクリートダムで、総貯水量は199,285,175立方メートル。ダムの堤高186mは日本一の高さ。513億円(当時)もの巨費を投じて建設され、延べ1,000万人を超える作業者が建設に従事、殉職者は171名にも及んだ。1968年には、この難工事を描いた映画「黒部の太陽」(主演:三船敏郎石原裕次郎)が公開されている。立山黒部アルペンルートの景勝地。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くろべダム【黒部ダム】

黒4ダムともいう。富山県中新川郡立山町,黒部川上流に関西電力(株)が1963年に完成した日本最高の186mの高さをもつ発電専用のアーチダム。堤頂長492m,堤体積160万m3,貯水池は黒部湖と呼ばれ,湛水(たんすい)面積3.5km2,総貯水量2億m3,有効貯水量1億5000万m3。併設の黒部川第4発電所は最大33万5000kWの発電能力をもっている。黒部ダムは両岸とも上部に良好な岩盤がなかったため,傾斜したアーチで貯水池の水圧を支える特殊な設計とし,上部には重力式のウィングダムを置いて,珍しいダムの形としている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔富山県〕黒部ダム(くろべダム)


富山県南東部の黒部川上流にある発電用ダム。アーチ式では日本最大。ダムの建設でできた人造湖は黒部湖(面積3.5km2)とよばれる。1956年(昭和31)に着工し、513億円の巨費が投じられ、延べ1000万人もの人手を費やし、7年後の1963年に完成。堤高186m、堤長492m。有効貯水量は1億4880万m3。ダムの約10km下流にある黒部川第4発電所は最大出力33.5万kW。急峻(きゅうしゅん)な地形、厳しい自然条件のもとに、最新大型土木機械と画期的な工法により建設。日本の水力発電建設技術の進歩および岩盤力学の発展に寄与した。中部山岳国立公園に属する一帯は黒部峡谷観光の中心であり、長野県大町(おおまち)市と立山(たてやま)を結ぶ立山黒部アルペンルートの結節点にあたる。夏季には遊覧船が運航し、ダム近くに展望台がある。石原裕次郎主演の映画『黒部の太陽』のヒットも手伝って観光名所となり、現在でも毎年100万人以上の観光客が訪れる。◇通称は、黒四(くろよん)ダム。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒部ダム
くろべだむ

富山県南東部、北アルプスの立山(たてやま)と赤沢岳間の黒部峡谷地点にあるダム。立山町に属する。1956年(昭和31)関西電力が着工以来、6年10か月で513億円と延べ990万人の労務者を投じて、1963年に黒部川第四発電所とともに完成した。ダムの高さ186メートル、堤長492メートル、体積157.5万立方メートルのアーチ式ドームダムである。黒部湖の広さは甲子園球場の237倍で、貯水量2億トン。建設中は黒部川第四発電所のダムというので黒四ダムとよばれていた。ダム建設の仮設工事は立山越えのルートで行われたが、本工事の大量資材輸送は赤沢岳直下を貫いた関電トンネルで行われた。このトンネル工事は大湧水(ゆうすい)のため難工事であった。現在10キロメートル下流の地下発電所で、落差576メートル、最大水量毎秒72トン、四つの発電機で33万5000キロワットの発電を行っている。
 ダム完成後、長野県の大町方面からの資材輸送ルートは観光ルートとなり、その後開通した立山黒部アルペンルートとともに観光地となった。ダムサイトの左岸に黒部湖遊覧船の船着き場がある。黒部湖上流正面に赤牛岳(2864メートル)がそびえ、左岸山頂は立山で、右岸山頂は赤沢岳(2678メートル)、スバリ岳、針ノ木岳(2821メートル)である。ダム下流左岸は黒部別山(べっさん)(2353メートル)とその断崖(だんがい)である。[深井三郎]
『深井三郎著『黒部立山アルペンルート』(1974・古今書院) ▽『黒部川第四発電所建設史』(1962・関西電力)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の黒部ダムの言及

【ダム】より

…高さ221m),上椎葉ダム(宮崎県。高さ110m),黒部ダム(富山県。高さ186m),矢木沢ダム(群馬県。…

※「黒部ダム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒部ダムの関連情報