鼻曲山(読み)はなまがりやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鼻曲山
はなまがりやま

群馬県西部,長野原町高崎市および長野県東部,軽井沢町にある山。標高 1654m。三国山脈の南西端にあたる。地名はとがった山頂が北側に傾いて,曲ったに見えることに由来。山体はおもに輝石安山岩からなる。利根川の支流烏川水源地山麓霧積温泉がある。上信越高原国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はなまがりやま【鼻曲山】

長野県と群馬県の境にある山。標高1654m。浅間山の東方にあたり,おもに輝石安山岩からなる。東側から見た山頂が,とがって北に傾いていることからこの名がついた。山頂からは浅間山の展望がよい。東麓に霧積温泉,西麓に小瀬(こせ)温泉があり,避暑地の軽井沢にも近い。【市川 健夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鼻曲山
はなまがりやま

長野県軽井沢町と群馬県吾妻(あがつま)郡長野原町・高崎市の境にある山。標高1655メートル。両県の分水嶺(ぶんすいれい)をなし、群馬県側は侵食が進んで急斜面であるが、長野県側は緩斜面である。山名は、東方から見ると山容が巨人の鼻に似ているところからついたという。霧積(きりづみ)温泉からのハイキングコースがある。

[小林寛義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鼻曲山の言及

【浅間山】より

…東側の裾野は起伏がやや大きく幅が狭いが,利根川水系と信濃川水系の分水界となる。水系の発達は火山体を刻み始めた初期の段階にあり,鼻曲山に発し南麓を流れる湯川は火山体東・南斜面に発する支流を集め蛇行しながら千曲川に注ぐ。 植生は火山活動の影響をうけやすい北東斜面では高山草本帯が標高1400m付近まで異常に低下しているのが特徴である。…

※「鼻曲山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android