コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼻曲山 はなまがりやま

4件 の用語解説(鼻曲山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鼻曲山
はなまがりやま

群馬県西部,長野原町高崎市および長野県東部,軽井沢町の境にある山。標高 1654m。三国山脈の南西端にあたる。地名はとがった山頂が北側に傾いて,曲った鼻に見えることに由来。山体はおもに輝石安山岩からなる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はなまがりやま【鼻曲山】

長野県と群馬県の境にある山。標高1654m。浅間山の東方にあたり,おもに輝石安山岩からなる。東側から見た山頂が,とがって北に傾いていることからこの名がついた。山頂からは浅間山の展望がよい。東麓に霧積温泉,西麓に小瀬(こせ)温泉があり,避暑地の軽井沢にも近い。【市川 健夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県(群馬県)〕鼻曲山(はなまがりやま)


長野・群馬県境、碓氷(うすい)峠の北方に位置する山。標高1655m。火山性の山で浸食が進み、頂上部は大天狗(おおてんぐ)・小天狗の2峰に分かれる。東方から見た山容が巨人の鼻に似ているのが山名の由来。ブナ・カラマツなどの美林が茂り、スズラン・ニッコウキスゲの群落が見られる。南西麓(なんせいろく)に小瀬(こせ)温泉、南東麓に霧積(きりづみ)温泉がわく。上信越高原(じょうしんえつこうげん)国立公園の一部。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鼻曲山
はなまがりやま

長野県軽井沢町と群馬県吾妻(あがつま)郡長野原町・高崎市の境にある山。標高1655メートル。両県の分水嶺(ぶんすいれい)をなし、群馬県側は侵食が進んで急斜面であるが、長野県側は緩斜面である。山名は、東方から見ると山容が巨人の鼻に似ているところからついたという。霧積(きりづみ)温泉からのハイキングコースがある。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の鼻曲山の言及

【浅間山】より

…東側の裾野は起伏がやや大きく幅が狭いが,利根川水系と信濃川水系の分水界となる。水系の発達は火山体を刻み始めた初期の段階にあり,鼻曲山に発し南麓を流れる湯川は火山体東・南斜面に発する支流を集め蛇行しながら千曲川に注ぐ。 植生は火山活動の影響をうけやすい北東斜面では高山草本帯が標高1400m付近まで異常に低下しているのが特徴である。…

※「鼻曲山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone