コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イビキ

デジタル大辞泉の解説

い‐びき【×鼾】

睡眠中、呼吸に伴って鼻や口からうるさい音を出すこと。また、その音。気道、特に軟口蓋(なんこうがい)の振動によって出る。「をかく」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いびき【鼾 snoring】

睡眠時に呼吸運動に伴って上気道で発生する異常な音響をさす。通常の場合,口を開いて鼻と口の両方から呼吸をしているときに起こり,呼吸運動の異常によるのではなく,気道の異常により正常な呼吸運動に伴って発生するやかましい雑音である。これは,口蓋筋の緊張低下と口腔を経路とする呼吸運動との組合せによって起こる。睡眠時には,咬筋やその他の筋肉の弛緩によって下顎が下がり,口は多少とも開き,同時に舌は後下方へ移動するために空気の通路は狭くなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いびき【鼾】

〔「息引き」の意か〕
睡眠中、軟口蓋などが呼吸に伴って振動し、生ずる音。 「 -をかく」 「 -を立てる」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鼾の関連キーワード当たり合ひ阪東妻三郎余念も無いラッセル音悪たれる水仕男清水宏高鼾豪宕鼻偏勁抜臥榻齁齁

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鼾の関連情報