コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ARPANET あーぱねっと

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ARPANET

Advanced Research Projects Agency Networkの略。1969年に米国防総省の高等研究計画局(ARPA)が導入したパケット交換方式のネットワークで、現在のインターネットの元祖である。ARPANETは、米国内の4カ所(カリフォルニア大学ロサンゼルス校、スタンフォード研究所、カリフォルニア大学サンタバーバラ校、ユタ大学)に分散したコンピューター同士をつないで開通し、その後徐々に規模を拡大していった。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アーパネット【ARPANET】[Advanced Research Projects Agency Network]

Advanced Research Projects Agency Network》1960年代末に米国国防総省の高等研究計画局(ARPA)が構築したコンピューターネットワーク。現在普及しているインターネットの原型とされる。アルパネット。

アルパネット【ARPANET】[Advanced Research Projects Agency Network]

Advanced Research Projects Agency Network》⇒アーパネット

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

アーパネット【ARPANET】

1969年、アメリカ国防総省高等研究計画局(ARPA)により構築されたコンピューターネットワーク。当初、全米4ヵ所の大学や研究所にあるUNIXのコンピューターを接続、以降接続数を増やしていった。1980年代初頭に現在一般的となったTCP/IPを全面的に採用したことから、インターネットの原型とされる。◇「Advanced Research Projects Agency Network」から。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ARPANET
アーパネット
Advanced Research Project Agency network

アメリカ合衆国国防省国防高等研究計画局 DARPAが 1969年に構築したコンピュータ・ネットワークインターネットの原型になったといわれている。1960年代前半 DARPAの部長を務めていたジョセフ・リックライダーがコンピュータ・ネットワークによる資源の共有を提唱した。1969年パケットデータ交換方式によるネットワークがカリフォルニア大学ロサンゼルス校など 4ヵ所を結ぶかたちで始まり,しだいに全米規模となった。1983年,今日も使われている通信プロトコル TCP/IPによる接続が採用された時点で,軍関係のネットワークが切り離され,ARPANETの名前で学術研究目的のコンピュータ・ネットワークとなった。1985年には国立科学財団 NSFの NSFNETが ARPANETを吸収,のちのインターネットの基軸となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ARPANETの関連キーワード学術情報ネットワークエンゲルバートアラン ケイMILNETNSFnet電子メール

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android