B-29(読み)ビーにじゅうく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

B-29
びーにじゅうく

アメリカのボーイング社が第二次世界大戦中の1942年9月に完成した4発の長距離用爆撃機。2430馬力発動機4基、最大速度576キロメートル/時、航続距離5230キロメートル(爆弾2トン搭載時)、最大爆弾搭載量9トン。1944年6月から戦闘に投入され、日本本土の軍事施設を破壊するとともに、都市に対する無差別爆撃を行い、戦局に大きな影響を与えた。広島と長崎に原子爆弾を投下したのも同機である。生産数は3970機。戦後もアメリカ空軍の主力戦略爆撃機として使われ、朝鮮戦争にも参加した。[藤田勝啓]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

B-29の関連情報