コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CIAM シーアイエーエムCIAM

3件 の用語解説(CIAMの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

シー‐アイ‐エー‐エム【CIAM】[Congrès Internationaux d'Architecture Moderne]

《〈フランスCongrès Internationaux d'Architecture Moderne近代建築国際会議。欧州の建築家たちが集まり、1928年スイスで第1回会議を開催、1956年の第10回会議を最後に解散。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

CIAM【シアム】

近代建築国際会議の略称。ル・コルビュジエギーディオンらが中心となり1928年スイスのラサラで発足した近代建築家の会議。近代建築と都市計画の理念とその現代的実現を体系的に追求することを目的としたが,1956年ユーゴスラビア開かれた第10回会議で内部分裂し,事実上解体した。
→関連項目リートフェルト

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

CIAM
しあむ

Congrs Internationaux d'Architecture Moderne(フランス語)の略称。近代建築国際会議。工業化と都市化を進める近代社会を背景にして、それに充足する合理的建築を推進させようとした建築家の国際的な連合組織。1928年、ギーディオンやル・コルビュジエを中心に、スイスのラ・サラの城館で結成された。「ラ・サラ宣言」において新時代の建築家の役割が確認されたのち、第二次世界大戦を挟んで各都市で10回の会議がもたれた。なかでも、都市の機能を「住居」「余暇」「労働」「交通」の四つに還元して整理づけた1933年第4回会議における「機能的都市」の綱領が知られている。新時代に向けての数々の提唱には評価すべきものがあったものの、近代合理主義がかならずしも生々しい都市の現実のすべてに即応できないことも時代とともに判明し、1956年第10回の会議において解体のやむなきに至った。[高見堅志郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のCIAMの言及

【ル・コルビュジエ】より

…都市に再び緑と太陽と大地を取りもどそうという主張は,これらの著述,建築にすでに明らかに示されている。27年,国際連盟本部ビルの競技設計に参加入賞しながら不当の扱いを受け,S.ギーディオンと語らい,28年スイスのラ・サラにW.グロピウスをはじめ各国の進歩的建築家の参加を求め,CIAM(シアム)(近代建築国際会議)を発足させる。以後CIAMは,第2次大戦後の第10回(1956)まで,毎回最も現代的な課題を掲げて,世界の建築家を集め提案,決議を行い,憲章(1933年の〈アテネ憲章〉が著名)を発表して大きな影響力をもったが,その中心にはつねにル・コルビュジエがいた。…

【近代建築】より

…バウハウスの主力メンバーはのちにアメリカに移住し,第2次大戦後アメリカの建築,デザインの形成に大きく寄与した。28年ル・コルビュジエはS.ギーディオンらとシアムCIAM(近代建築国際会議Congrès Internationaux d’Architecture Moderne)を結成し,第2次大戦後に至るまで,国際様式の推進の中心となった。国際様式は,建築を空間のボリュームの組合せとして構想し,古典主義的左右対称性に替わって繰返しの規則性によってリズム感を生み,装飾を排した仕上げによって建物をつくり上げるものであった。…

【近代建築】より

…バウハウスの主力メンバーはのちにアメリカに移住し,第2次大戦後アメリカの建築,デザインの形成に大きく寄与した。28年ル・コルビュジエはS.ギーディオンらとシアムCIAM(近代建築国際会議Congrès Internationaux d’Architecture Moderne)を結成し,第2次大戦後に至るまで,国際様式の推進の中心となった。国際様式は,建築を空間のボリュームの組合せとして構想し,古典主義的左右対称性に替わって繰返しの規則性によってリズム感を生み,装飾を排した仕上げによって建物をつくり上げるものであった。…

※「CIAM」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

CIAMの関連キーワード鮎川穂乃果南美布DJOSSHY岡村ふみのKIMIN川崎りえICEinterhighCIDRJEITA

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

CIAMの関連情報