コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂倉準三 さかくらじゅんぞう

4件 の用語解説(坂倉準三の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

坂倉準三
さかくらじゅんぞう

[生]1901.5.29. 岐阜
[没]1969.9.1. 東京
建築家。 1927年東京帝国大学文学部美学美術史学科卒業。 29年渡仏し,ル・コルビュジエに学ぶ。 40年坂倉準三建築研究所を創設。パリ万国博覧会日本館 (1937) は,鋼,ガラス石綿スレート板などの現代的材料を用い,しかも日本的情感を生かしたものとして絶賛され,グランプリを受賞した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

坂倉準三【さかくらじゅんぞう】

建築家。岐阜県生れ。東大美学美術史学科卒。1929年パリ工業大学で建築を学び,1931年ル・コルビュジエに師事し,1936年帰国。1937年のパリ万国博覧会日本館は,モダニズムと日本の伝統を融合させたもので,A.ペレの推薦によって同博覧会コンクールの大賞を得た。
→関連項目神奈川県立近代美術館国立西洋美術館CIAM

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂倉準三 さかくら-じゅんぞう

1901-1969 昭和時代の建築家。
明治34年5月29日生まれ。フランスでル=コルビュジエにまなぶ。昭和12年パリ万国博日本館の設計でグランプリを獲得。戦後は渋谷など東京副都心再開発計画にも参加。日本建築家協会会長。昭和44年9月1日死去。68歳。岐阜県出身。東京帝大卒。作品に神奈川県立近代美術館,羽島市庁舎など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

坂倉準三
さかくらじゅんぞう
(1901―1969)

建築家。岐阜県羽島(はしま)の生まれ。1927年(昭和2)東京帝国大学文学部美術史学科卒業。29年渡仏、パリ大学で建築を学んだのち、ル・コルビュジエの事務所に入り6年間働く。パリ万国博覧会日本館(1937)の設計でグランプリを獲得し国際的なデビューを遂げる。40年坂倉建築研究所を設立。第二次世界大戦中は「満州」(中国東北)で活動。戦後は渋谷駅前広場などの東京副都心再開発計画にも携わり、世界デザイン会議(1960)などを通じて国際交流にも尽力した。おもな建築作品に神奈川県立近代美術館(1951)、羽島市庁舎(1957)、呉(くれ)市民会館(1962)、神奈川県新庁舎(1966)などがある。[天田起雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

坂倉準三の関連キーワードNエヌ没・歿勃・歿・没三角数やさいのようせい N.Y.SALAD岐阜県岐阜市宇佐岐阜県岐阜市琴塚Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

坂倉準三の関連情報