コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂倉準三 さかくらじゅんぞう

4件 の用語解説(坂倉準三の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

坂倉準三
さかくらじゅんぞう

[生]1901.5.29. 岐阜
[没]1969.9.1. 東京
建築家。 1927年東京帝国大学文学部美学美術史学科卒業。 29年渡仏し,ル・コルビュジエに学ぶ。 40年坂倉準三建築研究所を創設。パリ万国博覧会日本館 (1937) は,鋼,ガラス石綿スレート板などの現代的材料を用い,しかも日本的情感を生かしたものとして絶賛され,グランプリを受賞した。日本への近代建築理念の定着を象徴するものとされる。作品に,神奈川県美術館 (51) ,新宿西口広場・ターミナルビル (66) など多数。 55年の国際文化会館,60年の羽島市庁舎で日本建築学会賞受賞。坂倉研究所は現在も引継がれ,旺盛な活動を続けている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

坂倉準三【さかくらじゅんぞう】

建築家。岐阜県生れ。東大美学美術史学科卒。1929年パリ工業大学で建築を学び,1931年ル・コルビュジエに師事し,1936年帰国。1937年のパリ万国博覧会日本館は,モダニズムと日本の伝統を融合させたもので,A.ペレの推薦によって同博覧会コンクールの大賞を得た。
→関連項目神奈川県立近代美術館国立西洋美術館CIAM

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂倉準三 さかくら-じゅんぞう

1901-1969 昭和時代の建築家。
明治34年5月29日生まれ。フランスでル=コルビュジエにまなぶ。昭和12年パリ万国博日本館の設計でグランプリを獲得。戦後は渋谷など東京副都心再開発計画にも参加。日本建築家協会会長。昭和44年9月1日死去。68歳。岐阜県出身。東京帝大卒。作品に神奈川県立近代美術館,羽島市庁舎など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

坂倉準三
さかくらじゅんぞう
(1901―1969)

建築家。岐阜県羽島(はしま)の生まれ。1927年(昭和2)東京帝国大学文学部美術史学科卒業。29年渡仏、パリ大学で建築を学んだのち、ル・コルビュジエの事務所に入り6年間働く。パリ万国博覧会日本館(1937)の設計でグランプリを獲得し国際的なデビューを遂げる。40年坂倉建築研究所を設立。第二次世界大戦中は「満州」(中国東北)で活動。戦後は渋谷駅前広場などの東京副都心再開発計画にも携わり、世界デザイン会議(1960)などを通じて国際交流にも尽力した。おもな建築作品に神奈川県立近代美術館(1951)、羽島市庁舎(1957)、呉(くれ)市民会館(1962)、神奈川県新庁舎(1966)などがある。[天田起雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

坂倉準三の関連キーワード小松(愛媛県)正岡子規グアンタナモ基地ダルビッシュ有貴ノ浪貞博パリ協定スズキ相良工場北上市の企業誘致県内の児童虐待などの現状検視と死因究明

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

坂倉準三の関連情報