コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

COCOM ココムCOCOM

翻訳|COCOM

デジタル大辞泉の解説

ココム【COCOM】[Coordinating Committee for Export to Communist Area]

Coordinating Committee for Export to Communist Area》対共産圏輸出統制委員会。共産圏諸国に対する戦略物資や技術の輸出を禁止または制限することを目的とする協定機関。1949年、米国の主唱で発足。アイスランドを除く北大西洋条約機構NATO)加盟諸国と日本が参加。本部はパリ。94年解体。→ワッセナーアレンジメント

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

COCOM【ココム】

対共産圏輸出統制委員会Coordinating Committee for Export Controlの略称。米国の指導下に作られた対共産圏輸出統制機構である政策委員会(CG)の下部機構として1949年設立。
→関連項目東芝機械[株]輸出貿易管理令

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ココム【COCOM】

対共産圏輸出統制委員会Coordinating Committee for Export Control to Communist Areaの略称。第2次大戦後の冷戦期にアメリカ提唱で,北大西洋条約機構(NATO)諸国の対共産圏戦略物資輸出統制を目的に,アメリカ,イギリス,フランス,イタリア,オランダベルギールクセンブルクの7ヵ国を加盟国として,1949年11月設立され,50年1月から活動を開始した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

COCOMの関連キーワード対共産圏輸出統制委員会CHINCOMワッセナー協約パリ・リスト木下ココ軍事技術東西貿易経済戦

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

COCOMの関連情報