コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ICAO あいしーえーおー/ICAO/いかおInternational Civil Aviation Organization

知恵蔵の解説

ICAO

国際民間航空機関」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

アイ‐ケーオー【ICAO】[International Civil Aviation Organization]

International Civil Aviation Organization》⇒イカオ

イカオ【ICAO】[International Civil Aviation Organization]

International Civil Aviation Organization国際連合の専門機関の一。国際民間航空の安全と発展を目的として、運航・管制方式の審議などを行う。1947年、国際民間航空条約に基づいて設立。本部はモントリオール。日本は1953年(昭和28)に加盟。国際民間航空機関。アイケーオー。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ICAO【アイカオ】

ICAO(イカオ)

ICAO【イカオ】

国際民間航空機関International Civil Aviation Organizationの通称。アイカオとも読む。1944年の国際民間航空条約(シカゴ条約)により1947年に設けられた国連専門機関の一つ。
→関連項目航空機騒音航空事故国際民間航空条約定期航空ハイジャック

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イカオ【ICAO】

国際民間航空機関International Civil Aviation Organizationの略称。国際民間航空条約に基づき,1947年に設立された国連の専門機関。本部はカナダのモントリオールにあり,加盟国は184ヵ国(1996年末現在)。日本は1953年に加盟,56年以来理事国となっている。組織は総会,理事会,事務局からなり,理事会は補助機関として常設の航空運送委員会,航空委員会,地域航空会議等をもつ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ICAO
アイシーエーオー

国際民間航空機関」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ICAO
いかお

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のICAOの言及

【地図】より

…海図や航空図は,世界を航海し飛行する必要から作られるので,図法,図式などの国際的統一や地図作成区域の分担などが早くから実施されてきている。国際水路局(IHB),国際水路会議などは海図の国際的統一と協力のための組織であり,また国際民間航空機関(ICAO(イカオ))では100万分の1国際航空図を刊行している。日本では海上保安庁水路部がこれらの組織の一員として活躍している。…

※「ICAO」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ICAOの関連キーワード人工衛星発射に必要な手続き大韓航空機撃墜事件マイクロ波着陸装置モントリオール条約航空損害賠償責任国際民間航空デー航空機登録記号国際空港評議会WECPNL国際航空協定うるささ指数航空交通管制飛行情報区航空手荷物NOTAMVASIS防空識別圏不定期航空IATAPAPI

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ICAOの関連情報