コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IMO あいえむおー

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

IMO(国際気象機関)
あいえむおー

国際気象機関International Meteorological Organizationの略称。世界気象機関WMO)の前身。気象台長の団体であって政府間機関ではない。1879年ローマで設立されたが、実際の発足は1873年にウィーンで開かれた第1回国際気象総会と考えられる。同会議は測器の校正、観測時刻、単位、電信による情報交換(モースの電信発明は1843年)などを討議した。日本の中央気象台長は1885年(明治18)ごろIMOに加入した。[安田敏明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

IMOの関連キーワードモーリー(Matthew Fontaine Maury)ショー(Sir William Napier Shaw)

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

IMOの関連情報