KDDI[株](読み)ケーディーディーアイ

百科事典マイペディアの解説

KDDI[株]【ケーディーディーアイ】

2000年10月,KDD,国際電信電話,第二電電,日本移動通信が合併し成立した電気通信事業者。合併後の携帯電話の新ブランドはau。携帯電話のシェアは2位。固定電話および個人・法人向けインターネット通信サービスやIP電話サービスも提供。2004年10月,PHS子会社DDIポケットを米カーライル・グループと京セラの共同出資会社(現ウィルコム)に売却した。2005年ツーカーホン関西など系列の携帯電話事業3社を吸収合併。2006年1月には東京電力系の通信会社パワードコムを吸収合併,2007年1月には東京電力の光通信事業を吸収した。本社東京。2011年資本金1418億円,2011年3月期売上高3兆4345億円。売上構成(%)は移動通信75,固定通話23,その他1。
→関連項目新電電

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

iPhone 11

アメリカのアップル社が2019年9月10日に発表したスマートフォン。日本では9月20日に、標準機種となるiPhone 11と、その上位機種であるiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android