コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

LBO えるびーおー

9件 の用語解説(LBOの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

LBO

企業買収手法のひとつ。ある企業を買収する際、買収資金を買収対象企業の資産価値や今後期待されるキャッシュフローを担保として借入金を調達、企業買収を行う。この手法は、買収時に自己資金が少なくても買収が行えるというメリットがある一方で、買収された企業のその後の業績や外部環境が悪化した場合、買収資金として調達した銀行借入等の返済計画が狂い、債務不履行に陥る可能性がある。したがって、比較的業績の見通しが立てやすい企業や、早期に処分可能な資産を多く持つ企業を対象とする買収を行う際に利用するのが一般的とされる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エル‐ビー‐オー【LBO】[leveraged buyout]

leveraged buyout》⇒レバレッジドバイアウト

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

LBO【エルビーオー】

企業買収の一つの手段。leveraged buy-outの略。ターゲット企業の資産を担保として買収資金の大半を負債で調達し,特定少数の個人が経営権を取得する。手法としては,少額の資金で書類上の会社を設立しジャンク・ボンド(通常の社債よりも2%以上の高利回りの設定)とよばれる社債を発行する。
→関連項目M&A株式交換制度

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

事業再生用語集の解説

LBO

【Leveraged Buy Out】の略。 企業を買収する際、買収資金を買収対象企業の資産やキャッシュフローを担保として金融機関から調達し、企業を買収すること。自己資金が少なくても買収できるというメリットがあるが、買収した企業の業績が悪化すると返済することができず、債務不履行に陥る可能性もある。

出典|(株)セントラル総合研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

M&A用語集の解説

LBO

Leveraged Buy Out (LBO)、レバレッジド・バイアウト。企業買収の際に買収対象企業の資産を担保として金融機関融資を受けるなどして買収資金を捻出する買収手法。一般的にリスクが高い買収手法であるため、高金利であることが多い。レバレッジとはてこの意で、手元に資金がなくても大きな買収が可能となることからこの名前がついた。

出典|株式会社ストライク
Copyright(c) Strike Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

LBO

買収方法の1つで、レバレッジとは「てこ」の意味。 買収先の企業の資産や将来のキャッシュフローを担保として金融機関から資金を借り入れ、それを元手に買収を行う方式。これにより、資金力がなくても大企業を買収することが可能になる。

出典|ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

LBO

〖leveraged buyout〗
企業買収で、対象となる企業の資産を担保にし、少ない自己資金で買収すること。 → M & A

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

LBO
エルビーオー
leveraged buy out

M&A (企業の合併・買収) 実行手段の一つ。買収しようとする対象企業の資産を担保に金融機関から買収資金を調達し,M&Aを行なうもの。少ない自己資金で大きな企業買収が可能であり,テコの作用 (leverage) に似ていることからこの名が付いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

LBO
えるびーおー

leveraged buyoutの略。企業の買収戦略方法の一つであり、買収戦略のための新しい資金調達手段。従来型の企業買収の買収資金源が、買収企業の自己資金もしくは銀行借入を主とするのに対して、LBOは被買収企業の資産もしくはキャッシュ・フロー(資金の流れ)に依存するというやり方に基づいている。現実に買収を進める場合も種々のスポンサーや投資家に参加を求め、複数の陣容を構成することが多い。
 被買収企業は、従来型では買収側が主導権を握り、旧経営陣は従業員的立場に転換するのに対して、LBOでは旧経営陣はこれまでの所有者の地位にとどまれる。一般的な企業買収とLBOの基本的な相違は、買収過程において買収戦略に参加する個人もしくは企業が複数で、それぞれ重要な役割を分担する。それゆえ、新しいパートナーシップの構成いかんによって買収の成否を分けることになる。また敵対的な買収に対しては、代表的な防衛手段に経営陣が自社の株式を買い上げて、経営の主導権維持を図るLBOの一変型のMBO(management buyoutの略)がある。[桶田 篤]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

LBOの関連キーワードパックマンディフェンス企業買収インアウト型インイン型企業買収価値敵対的企業買収レバレッジドバイアウト受皿会社In-out垂直型M&A

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

LBOの関連情報